セミナー

記事番号:T00076695
2018年4月26日11:44

~人材採用の新しいカタチ~

ダイレクトリクルーティングやり方セミナー​

オープンセミナーPlayback   

〜人材採用の新しいカタチ〜
「ダイレク トリクルーティングのやり方」

日 時:2018年4月19日(木)

講 師:
第1講 ベクトル台湾総経理 木下研生
第2講、第3講 ワイズコンサルティング代表 吉本康志

 人材採用と育成は各社共通の悩み。人 材紹介料は高騰、せっかく採用しても3 カ月も持たずに辞めてしまう...そのような経験はないでしょうか?弊社も皆さまと同じく人材採用には大変苦労しており、さまざまな手法を試みています。

 ところで、ダイレクトリクルーティン グとは何でしょうか?就職者の立場に立って、入社してもらえる仕組みを整え、 求職者へ直接アプローチする「攻める採用」のことです。ベクトル台湾から斬新な採用方法を、ワイズからは実践済みの 貴重なノウハウをご紹介しました。

第1講
〜受け身の採用から、攻めの採用へ!〜
採用ブランディングのやり方

 VECTOR(ベクトル)は、メディアや イベント、SNS等を活用して企業のP Rをお手伝いする会社です。採用ブラン ディングとは、自社の魅力を伝え、求め る人材像に最適にアプローチして、コストを抑える効率的な採用活動を実施する考え方です。これを行うと、入社プライ オリティーが高まり、定着率を高める効 果が期待できます。早速、採用ブランデ ィングを構築してゆきましう。
 まずは、会社の理念や価値観に共感で きる人材、欲しい人材の方から貴社を指 名して入社してくれる戦略を立てます。
戦略の立案要素
・採用の目的を定める 事業や組織の成長に対して、採用をどの ように位置付けるのか
・求める人物像を設定する目的達成のためには、どういう特徴を持 った人材が欲しいのか
・MustとWantに切り分ける求める全ての要件を満足する人材の採用 は至難の業。そこで必須条件「Must」と、できれば持っていてほしい条件 「Want」を明確にします
・ペルソナと欲求をイメージする Must要件を持っている欲しい人材を 1人のキャラクター、すなわち「ペルソ ナ」としてイメージします
・伝えるべきメッセージを一文に集約 ペルソナに自社の「会社、仕事、環境」 の3つの情報を与えて、それをキャッチ コピーのような一文のメッセージに集約します

 参加者の皆さまには、ここで実際に自 社の採用ブランディング戦略をシートに 記入していただきました。

 

次は戦術です。どのようなチャンネル を活用するか?例えば、人材バンク、企 業説明会、自社ホームページ、就職情報 サイトなどです。採用活動で活躍するメ ディア・ツールは、ウェブ、紙、リアル の3種類に分類されます。それぞれの特 性を理解して最適なコンテンツを作成し ます。

最後に「BRAND TIMES」をご紹介し ます。このサイトは、企業の事業・商 品・サービスの裏に隠れた企業価値を、 その「コト」に関わった「ヒト」への取材を通じてストーリー化して掲載してい ます。https://brandtimes.jp/company/

第2講
〜長年実践済みの成功・失敗ノウハウ大 公開!〜
台湾でできるダイレクトリクル ーティング

 顧客獲得のためにマーケティングをす るように、自社で人材獲得のためのマー ケティング(すなわちダイレクトリクル ーティング)活動を始めましょう!いく ら業界に誇れる高度な技術や高品質な製品、サービスを持つ企業であっても、それが認知されなければ誰も関心を示さないものです。採用のボトルネックは認知されていないこと。求職者へ企業の認知 度を高めることが重要です。特にBtoBの企業は日本では知られていても、台 湾ではどうでしょうか?企業を採用向け にアピールすることで、求職者の方から 「この企業で働きたい」と思わせます。

 ワイズの実践例を紹介します。 「Facebookチェックイン」です。これは日本人、台湾人のワイズセミナー参加時にチェックインしてもらうことで、台湾人向けに知名度を高めることが目的です。フォロワーは1,000人を超え、その8割が台湾人です。その効果は「ワイ ズ?知らない会社ね」から「ワイズ!その会社よく見るよ、いい会社みたいだよ!」に変わりました。

 また、ホームページの採用情報を充実したり、人材募集のリスティング広告を出したり、人材バンク(104人力銀行や 1111人力銀行)から求める人材を探し出してオファーを出したりしています。 この他、面接方法についてもご紹介し ました。

第3講
〜「人財」化が加速する!〜
ダイレクトリクルーティングで採用した

 人材の育て方欲しい人材が採用できれば、次は育成 です。ワイズでは、働き方の多様化に伴い雇用方法を変えてきています。

・フロー人材
アルバイトや補助職、代替の容易な人材 ・ストック人材 総合職、業務の中心人材、将来の幹部候補

・コア
人材委任経理人や顧問、会社を担う人材

・外注
独立した社員

 また、人材ポートフォリオもご紹介し ました。ワイズで実践している人材育成 は次のサイクルです。「O.J.Tと OFF.J.T」→「評価」→「昇給と昇格」 →「O.J.TとOFF.J.T」へ戻る。

 O.J.TとOFF.J.Tにて培ったスキルを 発揮する場を設けており、入社初年度 は、評価と昇給昇格の機会を3カ月に1 回与えています。組織活性化も積極的に 推進しており、コミュニケーションの向 上では、部門を超えたグループ討議、月1回の全社懇親会、ビジネスチャットの 導入、報告・連絡・相談の徹底を行っています。

 特にビジネスチャットのChat Work(チャットワーク)を導入したことで、これまでのメールに比べてやり取りが簡素化され、コミュニケーション量が5倍以上になりました。チャット会議の活用では幹部の会議時間が大幅に減 少。また、タスクというToDo機能では、指示出しと報告がシステマティックに行えるようになりました。情報セキュリティーもしっかりしており、社外のお客さまとの連絡網に重宝しております。 さらにChatWorkでは、勤怠管理や経費精算、日→中翻訳などのオプション機能 もそろっております。これらにつきまし ては、4月23日開催の〜労働生産性向上 に繋がる働き方改革セミナー第2弾〜 「クラウドサービス活用による働き方改 革のやり方」にて、ご説明しています。

 組織活性化に欠かせない要素のもう一 つは、人事制度です。特に「評価、昇 給、昇格、賞与」を明確に定義します。 人事制度を実際の採用条件表や昇格降格 基準表、能力評価表、スキルマップ表、 評価から昇給・賞与への反映図を用いて ご紹介しました。 

=========セミナー概要=========

 台湾では日本と比べ、募集・採用のカタチが異なり離職率も高く、人材紹介料は高いし、定着させるために従業員の動機付けをどうしたらいいか?など、頭を悩ませてはいませんか?

 この度、ワイズコンサルティングでは、4月19日(木)に「ダイレクトリクルーティングのやり方をテーマとしたセミナーを開催いたします。

 今回のセミナーは、PR会社のベクトル台湾とのコラボ企画です、ダイレクトリクルーティングのやり方と弊社の実践経験から効果的な採用の仕組みや人材の育て方をご紹介いたします

ご参加をお待ちしております!

参加特典

1.「労務顧問会員」の方は参加無料です!

2.一般参加企業樣は、ワイズニュース2週間無料で配布

 

【第1講】

〜受け身の採用から、攻めの採用へ!〜

採用ブランディングのやり方

講師:ベクトル台湾 木下研生(総経理)

【第2講】

〜長年実践済みの成功・失敗ノウハウ大公開!〜

台湾でできるダイレクトリクルーティング

講師:ワイズコンサルティング 代表 吉本康志

/date/2016/07/04/yoshimoto_2.jpg

【第3講】

〜「人財」化が加速する! 〜

ダイレクトリクルーティングで採用した人材の育て方

講師:ワイズコンサルティング 代表 吉本康志

/date/2016/07/04/yoshimoto_2.jpg

【開催詳細】

日時:

4月19日(木)14:00〜17:00

会場:

中国文化大学推広教育部
台北市建国南路2段231号b1

使用言語/テキスト:

日本語

参加費用(お一人様、税込):

労務顧問会員     無料
機械ジャーナル   1,000元
ニュース会員    1,000元
 一般参加者    2,000元