ニュース

 総統選に向けて第三勢力として合流を目指す柯文哲台北市長(台湾民衆党)、郭台銘(テリー・ゴウ)鴻海精密工業前董事長(国民党)、王金平前立法院長(国民党)の3人が、18日に桃園市で開かれる法会(ほうえ) ……
 国民党は28日開いた全国代表大会(党大会)で、韓国瑜高雄市長を総統選候補に正式指名した。韓氏は「台湾安全、人民有銭(台湾が安全で人民を豊かに)」のスローガンで総統選を戦うことを表明、党の団結を呼び掛 ……
 「逃亡犯条例」改正問題に揺れる香港では16日午後、約200万人もの市民・学生が参加したデモが行われた。林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が前日に条例改正の延期を表明したものの、主催団体は改正案の完全 ……
 注目されていた国民党の総統選候補の選出方式が先週15日に決まり、韓国瑜高雄市長の擁立を目指す姿勢が明確になった。 韓氏は先週「総統に当選したら高雄で勤務する」と発言。市長選で投票してくれた有権 ……
 民進党が総統選候補の選出を巡って大混乱に陥っている。先週10日、党中央執行委員会は、公認候補を決める党内予備選を5月22日以降へと、1カ月延期する異例の決定を行った。同党の総統候補レースでは、再選を ……
   本連載は筆者が約1年日本に帰国していたため休載していましたが、今月より再開します。引き続きご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。 鄭氏(前右2)の集会を盛り上げた韓市長(前左2)。当初 ……
 先週末、自宅の本棚を整理していたら、柯文哲台北市長が4年前、選挙に出馬した際に出版した『白色的力量-改変成真』が出てきた。柯氏は知的な表情でカバーを飾っている。本のタイトルと、就任後のイメージギャッ ……
  筆者の知人に、映画監督になることを目指して北京に留学中の林君という若い台湾人男性がいる。春節(旧正月)休暇で台北に帰省した際、彼は「映画学校を終えた後は、台湾に戻らず中国で仕事をすることを考えてい ……
 先週13日は蒋経国元総統(1910~1988)が死去してちょうど30年だった。国民党は音楽会やジョギング大会など記念行事を3日連続で開催し、その功績を振り返った。 「永遠にあなたを懐かしむ」。 ……
 独立志向の第2野党・時代力量の黄国昌主席の立法委員解職の是非を問う住民投票が16日、黄氏の選挙区である新北市第12選挙区(金山区、万里区、汐止区、平渓区、瑞芳区、双渓区、貢寮区)で行われ、賛成4万8 ……
1 to 10 of 86.
ニュース記事検索