ニュース

 読者の皆さんは、孫運璿という台湾の政治家をご存じだろうか。台北都市交通システム(MRT)松山新店線の小南門駅近くに彼の記念館があり、先月10月30日に開館2周年を迎えた。戦後に活躍した蒋介石・蒋経国 ……
 党資産の勝手な処分を防ぐため、蔡英文政権の不当党資産処理委員会(党産会)により小切手4億6,000万台湾元と銀行口座の凍結措置を受けた国民党は運営資金不足に陥り、党職員への給与支払いが無期限延期とな ……
 国民党籍および同党系無所属の県市長ら8人(傅崐萁花蓮県長、邱鏡淳新竹県長、徐耀昌苗栗県長、林明溱南投県長、葉恵青新北市副市長、陳金虎台東県副県長、呉成典金門県副県長、劉増応連江県長)が北京を訪問し、 ……
 台北市中心部に14万人以上(台北市警察局推計)もの退職した軍人・公務員・教員(軍公教)らが集まった先週3日の大規模デモは、奇妙な抗議活動だった。「汚名を着せられるのに抗議し、尊厳を求める(反汚名、要 ……
 東南アジアや南アジアなどと関係強化を目指す「新南向政策」で、蔡英文政権は先週16日に政策綱領を決定し、その行動準則に「将来適当な時期に対岸(中国)と関連分野の議題について協力し、新南向政策と両岸(中 ……
 台湾が実効支配する南沙諸島(スプラトリー諸島)の太平島に航行した漁船団の扱いをめぐって、蔡英文政権が頭を痛めている。南沙に「島」は存在しないとした常設仲裁裁判所の見解に抗議するため、7月20日、漁船 ……
 オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所は12日、南シナ海で中国が主張する主権や権益が国際法に違反するとしてフィリピンが申し立てた仲裁手続きで、歴史的に同海域を支配していたとする中国の主張を退け、同国が設置 ……
 米国の対台湾窓口機関、米国在台協会(AIT)のレイモンド・バーガード主席理事が6月下旬、ボイス・オブ・アメリカ(VOA)のインタビューで、「一つの中国の原則を堅持しつつ、中台が異なる解釈を取る」とし ……
 3月下旬の日曜日、蒋介石元総統夫妻の邸宅だった台北市の士林官邸を妻と訪れた。広大な庭園でさまざまな植物を鑑賞でき、場所柄、中国人観光客も大勢やって来る。 日月潭の中国人観光客。旅行先すら国家が ……
 蔡英文総統が先週20日就任し、民進党が8年ぶりに政権を奪回した。蔡総統は民進党主席の続投が決まり、25日に行われた就任式では「激情ではない情熱、冷淡ではない冷静さが民進党政権の風格となる。今後4年間 ……
21 to 30 of 83.
ニュース記事検索