第77回 居酒屋いいとも(蔲仕麗 大西享総経理)


ニュース 商業・サービス 作成日:2019年11月14日

総経理のちょっといい店

第77回 居酒屋いいとも(蔲仕麗 大西享総経理)

記事番号:T00086887

 初めまして。「総経理のちょっといい店」コラム担当の一員に加わりました、ワイズコンサルティング営業部の沢野聡です。普段は「食べる・飲む」専門ですが、飲食業の経験も生かし、台北のいいお店情報をお伝えします。よろしくお願いします。

 今回は有名化粧品メーカー、蔲仕麗(マンダム)の大西享総経理に、懐かしさに溢(あふ)れた日本の味を堪能できる「居酒屋いいとも」(台北市中山区)をご紹介いただきました。

/date/2019/11/14/20iimise2_2.jpg蔲仕麗の大西総経理

 大西さんは2度目の台湾駐在で、合計すると12年。おいしいお店情報もたくさんお持ちです。マンダムの商品は、台湾のドラッグストアにもたくさん並んでおり、汗っかきな私は外回りにGATSBY(ギャツビー)デオドラントペーパーを愛用しています。

/date/2019/11/14/20iimise9_2.jpgお通しだけで魚のおいしさが分かります

おいしい魚でホッと一息

 「居酒屋いいとも」は台北都市交通システム(MRT)中山国小駅2番出口を出て林森北路を南下し、路地を入ったところにあります。白地に真っ赤な文字で「いいとも」と書かれた看板があるので、迷うことなし。

/date/2019/11/14/20iimise1_2.jpg路地に入ると新橋の外れのような懐かしさ

 宜蘭県の漁村で生まれ育った姉弟2人で切り盛りする同店は、地元で取れた新鮮な魚を使った料理が好評。特に取れたての釜揚げしらすは、大西さんお薦めの一品。自然な甘みが口の中に広がり、その辺の日本式居酒屋では味わえない逸品です。これだけでご飯が何杯もいけそうです。他におでんや手羽先フライなど、ビールや日本酒が進みます。

/date/2019/11/14/20iimise6_2.jpg手羽先フライ。どの料理もハズレ無し

 昭和の雰囲気漂う店内には歌謡曲や演歌が流れていて、気構えることなく食事を楽しめます。

 料理担当は10代の頃から日本で料理修行をしている弟の建文さん。姉の菊薫(ティナ)さんは日本語が話せます。日本人の心も胃袋もつかむこと間違いなしです。

/date/2019/11/14/20iimise5_2.jpgきれいな盛り付けにおもてなしの心を感じます

幻の麻婆豆腐

 店内カウンターの中にあるホワイトボードには、本日のお薦めメニューが書かれています。運よく麻婆(マーボー)豆腐があれば、ぜひお試しください。コクと深みとほどよい辛さがたまらない絶品です。私は我慢できず、白米とともに〆(しめ)に頂きました。

/date/2019/11/14/20iimise7_2.jpg要チェック!麻婆豆腐丼

 「居酒屋いいとも」は蔲仕麗のオフィスから近く、大西さんは普段からよく利用しています。取材したこの日は連続3日目とのこと。初めは興味本位でお店に入り、すぐにお気に入りになりました。その後、仕事後の癒やしを求め足しげく通っているそうです。

/date/2019/11/14/20iimise8_2.jpg大西さん(右)に掲載を強く求められた1枚。沢野(左)とのツーショット写真です

 それだけ心を落ち着かせてくれる料理と空間がここにはあります。皆さんもぜひご堪能ください。

(取材/ワイズコンサルティング・沢野聡)

「居酒屋いいとも」
住所:台北市中山区中山北路2段77巷41号
電話番号:02-2521-6634
営業時間:18:00〜24:00
定休日:土曜日

総経理のちょっといい店