ニュース

 13日、パナマが中国との国交樹立と台湾との断交を発表した。台湾と長く友好関係にあった、パナマ運河を抱える中米のハブ国家で、バチカンと並んで最も関係維持を重視していただけに驚きが大きく、翌日の一般紙は ……
 20日に行われた国民党主席選挙で、呉敦義副主席(69)が過半数の票を得て、現職の洪秀柱主席ら対立候補5人に圧勝した。呉氏勝利の最大の意義は、国民党が再び民意の受け皿として復活することだ。蔡英文政権は ……
 蔡英文政権の発足から来週20日で満1年を迎える。民進党が初めて多数与党となり、多くの政策課題に意欲的に取り組んできたものの、各種世論調査で蔡総統は低評価に沈んでいる。今回はこの世論について考えてみた ……
 22日、陽明山公園(台北市北投区)の蒋介石元総統の銅像に赤ペンキがかけられ、首の部分が切断されているのが見つかった。続いて「台湾建国工程隊」を名乗る独立派グループが、先週の八田與一の銅像の首が切られ ……
 台北市迪化街(大同区)の問屋街を抜けると、通りのレトロな雰囲気に合わせた喫茶店やレストランがあちこちに見られる。昨年末にオープンした「阿嬤家(アマ・ミュージアム)」も1階が喫茶店で、落ち着いた茶色の ……
 前回は228事件の際、台南市の学生・市民による武力蜂起を断念させることで多くの命を救い、自らは国民党軍によって処刑された日台混血の弁護士、湯徳章(1907~1947)について取り上げた。今回の「ニュ ……
 今年の2月28日は1947年の228事件から70年の節目となり、各地で行われた記念行事には大勢の市民が集った。  台南市では、まだ戒厳令が続いていた1987年に、民主活動家の鄭南榕氏らによって ……
 ホワイトハウスは先週9日、トランプ米大統領と習近平中国国家主席が電話で会談し、大統領が習主席の求めに応じて「一つの中国政策」を尊重すると発言したと公表した(President Trump agree ……
 台湾経済界で蔡英文総統への厳しい評価が定着しつつある。『天下雑誌』が先週発表した、企業の最高経営責任者(CEO)へのアンケート調査(有効回答658件)で、蔡英文政権に「不満足」との回答は58%に上っ ……
 共和党のドナルド・トランプ氏(70)が先週8日、米大統領選で当選した。そのアジア政策がどのようなものになるのか、台湾や日本、韓国も戦々恐々と頭をめぐらせている。米国の台湾海峡政策をめぐる論壇では近年 ……
11 to 20 of 83.
ニュース記事検索