ニュース

   先週14日、立法院で「民法継承篇」の改正案が可決されました。新しい規定では、未成年者が相続人である場合には、原則として限定相続となります。つまり、相続人は相続した財産で被相続人の債務を返済すれ ……
   一般に「通信監聴」といわれているものは、台湾の法律用語では「通訊監察」といい、「通訊保障及び監察法」の中に規定が設けられています。この法律に規定されている要件を満たせば、検察官または司法警察は ……
   皆さんもご存じのように、台湾では税金を滞納すると、政府から「限制出境」すなわち、「出国制限」を受ける恐れがあります。  「限制欠税人或欠税営利事業負責人出境実施辧法」の規定によると、個人 ……
   小切手(支票)は支払いのための手段の一種です。通常、代金支払いの際に小切手を受け取るということは、現金を受領したことに等しいのですが、取引を行う相手の財務状況が芳しくない場合、小切手の受け取り ……
   民法に規定のある「表見代理」とは、代理権のない者が他者の代理人であるかのように装い、また一方で、代理された「本人」は、そのことに反対しないばかりか、代理人が本人に代わっての事務処理遂行を容認す ……
   台湾で部屋を借りた経験は、多くの読者の方々が実際にされていると思います。台湾での一般的な部屋の借り方は、大家が「崔媽媽版」賃貸契約を使用し、借家人と共に「民間公証人事務所」で公証を行い、約3カ ……
   台湾の知的財産権訴訟制度に、近く大きな変化が訪れます。この9月中に、台北県林口に「知的財産裁判所」が新たに設けられ(施設が完成するまでは板橋市で業務を実施)、全土の知的財産権に関連する案件の審 ……
   現代社会においては、メールで商業取引を行うことは、皆さんの毎日の仕事の一部となっていると思います。また、多くの商業上のやりとりは、メールで約束が交わされればすぐに執行されます。    しか ……
   台湾ではあらゆる会社員は、「労働基準法」の保護を受けています。労働基準法は労働者を守る法律といってもいいでしょう。    原則として、法律に明文規定が無ければ雇用者は社員を解雇することは出 ……
   最近、台湾の司法機関は積極的にインサイダー取引の調査を行っています。事件が起きるたびに、企業の董事長や高級幹部らが法務部調査局や検察、警察に「約談」(任意での事情聴取)され、十数時間にも及ぶ取 ……
261 to 270 of 273.
ニュース記事検索