産業時事の法律講座

ニュース記事検索

キーワードを選ぶ(複数可)
期間を指定する
クリア  クリア 
フリーワード検索

最新のニュース

ニュース 法律 作成日:2008年7月16日

産業時事の法律講座
第25回 同時履行の抗弁

   「同時履行の抗弁」とはその名の通り、訴訟上の抗弁の一種で、自分がある種の契約上の義務を履行する際に、同時に相手方にも対等の義務を履行することを請求することです。  売買契約ではよく、「代 …… 続きを読む

ニュース 法律 作成日:2008年7月2日

産業時事の法律講座
第24回 緩起訴(起訴猶予)

   台湾ではこの数年の「司法改革」で、緩起訴(起訴猶予)が有効な方法の一つとして用いられるようになってきました。緩起訴とは、「それほど重大ではない犯罪について、被告がその犯罪を認め、かつ被害者の同 …… 続きを読む

ニュース 法律 作成日:2008年6月18日

産業時事の法律講座
第23回 外国企業の台湾における法的地位

   外国法人の台湾における法律的地位について民法総則施行法は第12條の規定で、「認可を受けた外国法人は法令の制限する範囲内において、同類の中国法人と同一の権利能力を持つ。前項における外国法人は、中 …… 続きを読む

ニュース 法律 作成日:2008年6月4日

産業時事の法律講座
第22回 商標類似に関する判断

   商標は会社のイメージを代表するものです。商標法の規定によると、企業が特定の商標を登録した場合、他者はそれに「相同または類似」している商標を、「相同または類似」した商品・サービスに使用すること、 …… 続きを読む

ニュース 法律 作成日:2008年5月21日

産業時事の法律講座
第21回 銀行振り込みに関する法律問題

   政権交代間際の5月初旬、外交スキャンダルが発覚しました。政府官僚がパプアニューギニアとの国交樹立交渉に関し、密使役を務めたロビイスト(私的な政治活動を行う人物)の言葉を信じ込み、秘密資金の10 …… 続きを読む

ニュース 法律 作成日:2008年4月30日

産業時事の法律講座
第20回 商標侵害賠償債権の移転

   台湾と日本は商習慣が違うため、商業関連の法律上の手続き規定も異なります。商業上の紛争が2つの国にまたがる場合、手続き規定の違いが、法律行為の効果に影響することがあります。従って、国をまたいでの …… 続きを読む

ニュース 法律 作成日:2008年4月9日

産業時事の法律講座
第19回 台湾の著作権保護要件の厳格化について

   さまざまなメディアが発達した現代社会では、「創作」は一つの生活手段になっているといえるでしょう。芸術を志す人が受ける待遇は、過去に持たれていた「貧しい芸術家」といったイメージとはまったく違った …… 続きを読む

ニュース 法律 作成日:2008年3月26日

産業時事の法律講座
第18回 法的処置を取る際に考慮しなければならないコスト

   3月22日、台湾の有権者の6割は、喜び勇んで民進党を野党にすることを選びました。有権者は、国民党政権には現在以上に野党の監視が必要になるとも知っているはずで、本来ならば、お金を払ってでも力のあ …… 続きを読む

ニュース 法律 作成日:2008年3月12日

産業時事の法律講座
第17回 工事の遅れによる報酬増額を求める権利

   台湾では請負工事、特に政府発注の請負工事が遅れることは当たり前のこととなっています。しかし、工期延長の原因が業主またはその他の業者にある場合でも、影響を受ける業者は苦情を訴えるのが関の山で、賠 …… 続きを読む

ニュース 法律 作成日:2008年2月20日

産業時事の法律講座
第16回 デジタル写真を盗むとどのような罪になるか?

   ここ数日、台湾で最もホットなニュースは、香港のある芸能人と多くの美人有名人たちとの「濡れ場」写真が何者かによってインターネット上で公開され、鑑賞・ダウンロードをされたというニュースです。この事 …… 続きを読む