第4回 経営資源の分配 その4


コラム 経営 作成日:2007年8月9日

第4回 経営資源の分配 その4

記事番号:T00002016

●前回のあらすじ
 「事業製品)における合理的な経営資源の分配」を意思決定する手法の一つとしてPPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)があります。PPMの縦軸は「市場成長率」を表します。本コラムでは「市場成長率の境界線を10%」としてご紹介していきます。
T000020161


●先週のなぞなぞ
「相対性理論」や「相対評価」で「相対」という言葉を聞きますが、『相対市場シェア』とは、一体何でしょうか?
T000020162


●PPM横軸の意味
 プロダクトポートフォリオでは横軸に「相対市場シェア(占有率)」をとります。相対市場シェアとは自社の事業(製品)が自社を除く1位企業の事業(製品)と比較して、どれくらいの割合を占めているかを表します。 

 横軸の境界線は「1.0倍」となっていますが、「相対市場シェア1.0倍」とはどういう意味でしょうか?

 自社を除く市場におけるシェア1位の企業とシェアが1.0倍ということですから、「相対シェアが同率1位」を表しています。

 つまり、横軸の境界線より左側は「市場シェア1位」を意味するのです。

 ちょっと複雑になりましたが、要は「PPMの左側はシェア1位を表す」とご理解下さい。
 
 市場シェア1位であるかどうかを境界線としている理由は「シェア1位の企業とそれ以外の企業では競争力が全く違う」からです。
 
 市場シェア1位になると多くの恩恵が受けられます。例えば「広告費は少なくても売れる」「価格が高くても売れる」「優秀な人材が安い給料でも集まる」「仕入は他社よりも安く仕入れられる」等々です。
 
 他社よりも安く仕入ができ、高く費用を掛けずに売れるし、安く優秀な人材が集まるなんて、儲からないわけありませんね。

●今週のなぞなぞ
 さて、プロダクトポートフォリオでは「相対市場シェア2.0倍」のところに点線が引かれていますが、なぜ2.0倍のところで点線を引くのでしょうか?

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。