第21回 台湾人は兵役をどう見てる?


コラム 台湾事情 作成日:2010年12月27日

台湾人研究所

第21回 台湾人は兵役をどう見てる?

記事番号:T00027422

 徴兵制度のある台湾では、昔から「兵役を終えないと一人前の男になれない」と言われています。18歳以上の男性に兵役の義務があり、ほとんどの男性は兵役経験があります。兵役期間は以前は2年間でしたが、今は1年に縮まり、さらに2014年には徴兵制は廃止となり、全募兵制(志願制)に移ります。しかし全募兵制になるとはいえ、兵役を志願しない男性も4カ月の軍事訓練を必ず受けなければなりません。さて、人生で貴重な経験である兵役ですが、台湾人はどれぐらいの期間が適切だと思っているのでしょうか。

男女で回答に大きな差

 波仕特線上市調網が8月11日に実施した「兵役期間はどれぐらいがいい?」の調査では、「1年」が4割以上を占め、ダントツで首位でした。次いで2位は「2年」、3位は「必要なし」という極端な結果でした。

 回答者の性別で見ると、大多数の女性が「1年」を選んだのに対して、男性は「必要なし」を選んだ人が多かったことが分かりました。「軍隊で学んだことは社会で使えないし、時間の無駄になるだけだ」と兵役を拒む男性が増えてきています。一方、女性にはやはり「男なら軍隊など恐れずに行ってきて」という考えがあるようですね。たぶん実際に軍隊に行くのは女性ではなく男性なので、このような結果になったのでしょう。

1年の兵役はままごと?

 また、2位の「2年」を選んだのは、ほとんどが中年男性でした。彼らは自分自身が2年間の兵役を経験したので「兵役は2年が当たり前」と思うのでしょうか。

 ただ、彼らが兵役を経験した、戒厳令が敷かれていた時代(1948〜87年)と今では、軍隊の雰囲気は全然違います。私の父親に聞いてみたところ、「今の兵役はたった1年で、ままごとと変わらん」と言っていました。確かに今は戦争が勃発(ぼっぱつ)しそうな緊張感や危機感はありませんが、それでもハッピーな兵役生活を送った人はいないと思います。

最前線での経験談

 私が兵役で所属した部隊は、台湾本土ではなく、中国大陸に面した馬祖列島の最前線の離島、東引島の陸軍東引地区指揮部でした。兵役の間は、山の中の洞穴に住んでいました。電気は通っていましたが、雨が降ると切れてしまう場合が多く、水たまりがたくさんあり、ムカデ、ネズミ、カエルやヘビなどがよく出ました。

 生活環境のみならず、軍隊の上下関係も厳しいものでした。入隊したてのころ、長官に敬礼をし忘れ、その場で怒鳴られて、5分以上立たされたことがあります。

 肉体的な疲労も当然激しいです。ライフル射撃、機関銃射撃、銃剣術などの戦闘訓練に加えて、ジョギングなどの基礎体力訓練もありました。真夏には40度の炎天下で、全武装(防弾チョッキ、ヘルメット、ライフルなど全装備を着用)で訓練を行いました。

 事務的な仕事の量も多かったです。私の担当は参謀第四業務(調達管理)で、部隊内の車両、兵器、化学装備、工兵装備、通信設備、光電設備などの管理でした。忙しい軍隊生活のおかげで、高いストレス抵抗力が身に付きました。

目に見えない宝ができた

 軍隊で学んだスキルは社会では使えないのは確かですが、わたしは人間関係への対応力や、ストレスへの抵抗力が身に付きましたし、日常の物事をより大事にする気持ちが強まりました。こうした目に見えないものこそが、軍隊生活が教えてくれたものだと思います。しかも父親と共通の話題ができて、以前よりもっと親しくなりました。つらい経験だったからこそ素晴らしい思い出になりましたし、軍隊生活は人生の宝物だと思います。

 でもやはり1年でもう十分ですね。
 

台湾人研究所

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。