産業時事の法律講座

ニュース記事検索

キーワードを選ぶ(複数可)
期間を指定する
クリア  クリア 
フリーワード検索

最新のニュース

2019年5月15日  ニュース

第268回 日本企業による台湾の著作権侵害の国際裁判管轄

 徐薇蕙氏(以下、原告)は2017年5月、自身が「游撃女孩Guerrilla Girl」の作者であるとの主張に基づき、知的財産裁判所に対して訴訟を提起しました。同作品は、ピンク色の女性兵士が長い髪をな …… 続きを読む

2019年4月24日  ニュース

第267回 著作権法改正による違法セットトップボックス対策

 立法院は4月16日、著作権法改正案を可決し、第87条第1項第8号を新設。これにより、インターネットに接続するだけで、永久に無料で映画や有線TV、衛星放送を視聴ができる、違法な「セットトップボックス」 …… 続きを読む

2019年4月10日  ニュース

第266回 近似商標による横取り登録

 他人の商標の「横取り登録」は、常に同じ図案を登録してしまうこととは限りません。経済部智慧財産局(知的財産局)の商標審査官たちも、最近ではグーグルなどの検索エンジンを使用することで、過去には密室審査と …… 続きを読む

2019年3月27日  ニュース

第265回 商品外観の近似と消費者の混交

 本コラム第199回でも紹介したように、商品の外観における近似が混交を引き起こすかどうかについて、ドイツの裁判所は、関連消費者の認知を判定基準としていますが、近年では、台湾の裁判所でも同様の見解が見ら …… 続きを読む

2019年3月13日  ニュース

第264回 特許を安易に認めることの問題点

 専利法(特許法)は、発明創作を保護し、産業技術の発展を促進することを目的とする最も重要な知的財産法の一つです。そのため、特許審査をしっかりと行わなければ、産業に対する打撃は計り知れないものとなってし …… 続きを読む

2019年2月27日  ニュース

第263回 秘密保持契約の対象

 多くの企業は他社または自社の社員との間で秘密保持契約を締結する際、何もかもを保持しなければならない秘密と定義する傾向があります。しかし、実際に秘密が漏えいされ、裁判所の判断を仰ぐこととなった場合、裁 …… 続きを読む

2019年2月13日  ニュース

第262回 著名商標の効力範囲

 2014年、ドイツ企業Rimowa GmbH(以下「リモワ社」)は、台湾の康鉅国際有限公司(以下「康鉅公司」)が、康鉅公司の商標「ROWANA」に横長の楕円(だえん)形の外枠を加えたリモワ社の登録商 …… 続きを読む

2019年1月23日  ニュース

第261回 外国企業による刑事告訴

 2018年8月以前、台湾における外国企業は「権利能力なし」、すなわち「法律上の人格がない」とされていたことは、多くの方がご存じないと思います。権利能力がないわけですから、もちろん訴訟の提起もできませ …… 続きを読む

2019年1月9日  ニュース

第260回 中台間の闇振込

 原告の張天賞氏(以下「張氏」)は、友人である李文玲氏(以下「李氏」)の母親、陳桂珠氏(以下「陳氏」)を装った詐欺グループに騙されたとして、台北地方法院(地方裁判所)に訴訟を提起しました。  張 …… 続きを読む

2018年12月26日  ニュース

第259回 ネットオークションの評価記録と犯罪所得計算

 皆さんもご存じのように、インターネットオークションサイトでの売り手の評価記録は、売り手が何かを売るたびに、オークションサイト側が買い手に対して「売り手に関する評価」を求め、記録されたものです。買い手 …… 続きを読む