ニュース

 最近、台湾と米国の軍事関係緊密化のニュースが相次いで伝えられている。 5月27日、ハワイの真珠湾で行われた米国太平洋軍の司令官交代式に台湾軍の厳徳発参謀総長と李喜明海軍司令官が参加し、これを米国在台 ……
 来年1月の総統選で、国民党は洪秀柱副主席(67、立法院副院長、女性)が出馬した方が、朱立倫主席(53、新北市長)よりも有利──。こうした世論調査が3日付中国時報に掲載され、世間を驚かせた。民進党の蔡 ……
 今週4日に行われた朱立倫国民党主席と、習近平中国共産党総書記(国家主席)による国共トップ会談「朱習会」は、朱主席個人と国民党にとってプラス要素の多いものとなった。昨年11月の統一地方選で惨敗して、来 ……
 4月前半の台湾は「アパッチヘリ見学事件」でもちきりだった。これは3月29日、陸軍航空特戦指揮部、第601旅団(桃園市龍潭区)に所属する労乃成中校(中佐)が、女性タレントの李蒨蓉(ジャネット・リー)さ ……
 シンガポールのリー・クアンユー元首相が23日死去した。オバマ米大統領をはじめ日本、中国、ロシア、西欧諸国、東南アジアなど世界中の指導者から哀悼の意が寄せられ、貧しい小国だったシンガポールをアジアで指 ……
 馬英九時代の分水嶺となったヒマワリ学生運動の発生から1年がたち、この間、台湾社会の雰囲気は明らかに変わった。それまでの中台関係の強化による経済発展というベクトルが弱まり、異議を唱える若者たちの存在が ……
 春節(旧正月、今年は2月19日)明けの台湾政界では、馬英九総統(国民党前主席)がレームダック化を決定的にし、国民党が名実共に朱立倫主席(新北市長)の時代を迎えたことを印象付ける出来事があった。 朱主 ……
 柯文哲台北市長は就任から40日がたったが、柯市長関連のニュースは相変わらず大手紙の1面を飾ることが多く、めっきり報道の減った馬英九総統と比べると、最近はどちらが総統なのか分からないほどだ。あまりにも ……
 台湾政界では柯文哲・新台北市長の一挙手一投足が注目を集める中、与党国民党は21日、朱立倫新主席の就任後初の中央常務委員会を開いた。朱主席は、新北市長や行政院副院長を務めたが、これまでで最も経歴の浅い ……
 台北市では来週25日、先月の市長選挙で国民党の連勝文氏を24万票の大差で下した柯文哲氏が新市長に就任する。 柯文哲氏は、20代の若者の間で8割以上の支持を集めたという(中央社)  柯 ……
51 to 60 of 84.
ニュース記事検索