労働基準法第11条には、「予告解雇(解雇金を支給した上での解雇)の条件」が明記されております。 では、どのような事由であれば労基法第11条の解雇条件に当てはまるのでしょうか?過去の判例や解釈令を ……
行政院労工委員会2009年8月19日労動4字第0980022279号より 労働基準法第11条(予告解雇の条件)または労働基準法第14条(無予告辞職の条件)の規定に基づき労働契約を終える場 合、定年退職 ……
行政院労工委員会2006年10月19日 公告 雇用者より解雇予告を受けた労働者は、予告期間中、就業の為の「求職休暇」を取得できる。 当該休暇の申請取得は、週に2日を上限とし、その間雇用者 ……
「失業労働者の雇用奨励弁法(雇主雇用失業労工奨助弁法)」第2条第1項第1款及び第2款が明記する、雇用者が雇い入れる本国籍失業者の要件について 2003年11月26日 労職業字第092020858 ……
被雇用者に帰責事由があり、雇用契約の解除に至った場合、雇用者は依然として就業サービス法第33条の規定通り届け出なければならないのか? ?行政院労工委員会1993年2月8日(82)台労E業字第0 ……
「労働基準法第14条第1項第5号「出来高払制の労働者」に関する疑義」 行政院労工委員会82年1月16日 台82労動二字第362号函 労働基準法第14条第1項第5号が定める「出来高払い制の労働 ……
「社員は正当な理由無く、会社から命じられた異動を拒否することはできない」に関する法的根拠について 【結論】 1、原則として、人事異動が「人事異動五原則」に違反せず、且つ労働契約にて事前に約 ……
1 to 7 of 7.