《新型肺炎》労働組合の集会活動は6月末まで中止に


労務顧問 人事労務 作成日:2021年5月21日

労務ニュース 新型肺炎

《新型肺炎》労働組合の集会活動は6月末まで中止に

記事番号:T00096257

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、労働部は5月19日、労働組合の集会活動を6月末まで中止するよう地方政府の労動(工)局及び各組合に通達した。これにより6月末までに予定していた理事会、監事会、会員または会員代表大会、模範労働者表彰大会、理事・監事の改選および各種労働教育・訓練等が中止となった。尚、人数制限を超えない範囲(屋内5名未満)で行う、若しくはオンライン等により実施される場合はこの限りではない。労動部労働関係司長王氏によると、労働組合による教育・訓練や理事・監事の改選は5月に行われることが多く、さらなる感染拡大を阻止するため、念入りに呼び掛けているようだ。
 
また、5月28日までに予定していた地方調停委員会の労使争議の調停も延期が求められる。中止できない特殊な案件については、参加人数を最小限に抑えた上で、感染予防対策を着実に遵守しながら開催しなければならない。
 
尚、ストライキに取り組む労働組合について、王氏は、ストライキは本来集まって行うものではないため、ストライキの決行に対する影響は小さいと示した。

労務ニュース-新型肺炎

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。