労働部はこのほど、労働者退職金条例の改正案を決定した。同改正案が承認されれば、 満60歳かつ勤続年数15年以上の労働者は今後、退職金を毎月受領するか一括受領するかを自由に選択できるようになる。また、 ……
 行政院労工委員会(労委会)職業訓練局が運営する就職情報サイト、全国就業e網が新社会人を対象として行った「職場初体験調査」によると、45%の新社会人は1カ月以内に同僚となじむことができる一方、25%は ……
  欧州債務危機の影響を受け、2011年新制度の労工退休基金(注)の収益は欠損となり、欠損額は264億にも達した。このため、12年3月末までに、新制度の労工退休金条例を適用する個人への収益配分はマイナ ……
  10月27日、労工退職金条例の改正草案が行政院院会により可決され、立法院で審議されることとなった。  今回の改正案では、まず、労工退職金制度の適用範囲を拡大されている。2005年7月1日より、労工 ……
  心身障害者及び労働者の退職の権益を保障するため、今月13日、立法委員による労工保険条例の一部改正の草案が提出された。改正案では、「保険加入年数が満15年である満50歳の心身障害者が老齢給付(年金) ……
 誠品書店(以下誠品と略称)の元副総経理の吳武勳氏は、2008年に退職する際、覚え書という形で事業者と25年の勤続年数で退職金を算定することと約束した。しかし、事後に誠品から競業禁止等の条文が含まれた ……
 現行の労働者退職金新制度では、年齢が満 60歳以上で勤続年数が15年以上の労働者は、月払いでしか退職金を受領することができない。しかし、退職金の受領方法は労働者が自由に決めるべきとの主張により、退職 ……
 近ごろ、国民党と民進党の立法委員が共同で、一般労働者の兵役期間を勤続年数に算入するよう、労工退休金条例(労働者退職金条例)に関して改正案を提出した。  台湾の公務員は公務員退職法により、兵役期間を ……
 従来、退職金旧制度を適用する労働者が新制度へ移行変更する際は、労働者自身が、署名をした書面を以て、雇用者へその意思表示を行わなければならない。 雇用者は、当該労働者の新制度適用開始より15日 ……
 間もなく夏期休暇が到来し、多くの学生達がアルバイトを開始する時期が訪れる。 そこで、労工保険局(以下 「労保局」)は、雇用者が台湾籍の学生をアルバイトとして雇用する際、当該アルバイト学生向けにも「 ……
1 to 10 of 71.