行政院労工委員会(労委会)労工安全衛生研究所(労研所)の研究結果によると、感電による労働災害での死亡事故は、2007〜12年の間に154件発生している。平均すると年間26人の労働者が感電により死亡 ……
 労工保険局(労保局)によると、労働者が労働災害に遭って負傷または職業病にかかったり、治療を受けるために勤務ができず、賃金を受領できない場合は、就労不能になった日から数えて4日目に労保局に労働災害補償 ……
 行政院労工委員会(労委会)は5日、職業災害労工保護法(労働災害労働者保護法)の改正案が行政院会(閣議)で承認されたと発表した。改正草案には、合法的に台湾に入境したものの、事情により就労証明書のない外 ……
  旧正月が近づき、工場・設備の修理を始めたり、年末までに工事の完成を急ぐ企業が多くなっている。これに対し、労工委員会(労委会)は2011年12月から2012年1月6日の間に、4,760間の工場を対象 ……
  最近、労働災害補償金の請求手続きを代行し、その手数料を不当な額で求める「補償金請求代行サービス」業者が出現している。労工委員会(労委会)はこれに対し、各県市の労工局に「職業災害労工個案主動服務計画 ……
  労工委員会労工保険処(労保処)によると、ある労働者が最終出勤日の帰宅途中で事故に遭遇したが、帰宅時には既に労工保険の提出手続きがとられていたため、労働災害給付金が請求できないというケースがあったと ……
  3C(コンピューター、通信、家電)商品の売り場で勤務している林氏は、通勤途中で交通事故に遭い、傷病休暇を取った。傷病休暇終了後も出勤できず、これについて会社は無給休暇を取得するよう促したが、林氏は ……
  勤務場所で事故にあった被雇用者に対する民事賠償の負担リスクを軽減するため、雇用主は必要であれば「雇用主意外責任保険」に加入できると、行政院金融監督管理委員会(金管会)が示した。  雇用主意外責任保 ……
  夏場に、高温・炎天下で長時間働く労働者は、体力の消耗、イライラによる注意力散漫、暑さのせいで保護具を着用しない等により、通常より労働災害を引き起こすリスクが高い。台北市政府労工局労働検査処による労 ……
  6年前、有名ホテルである六福皇宮でアルバイトしていた当時大学二年生の王氏が、勤務先の炊事場で2度転んだことによる頭蓋内出血により死亡した事件について、王氏の家族と同ホテルとの訴訟は、今もなお続いて ……
1 to 10 of 31.