台北市政府労動局は5日、ある金融雑誌社と証券投資会社で発生した2件のセクハラ被害について、会社が積極的に対応しなかったとして、それぞれ10万台湾元と20万元の罰金を科したと発表した。  劉家鴻・労動 ……
 女性派遣社員が派遣先の男性社員からセクハラ行為を受けた場合、責任は一体どこに帰するのか?台湾電力(台電)で派遣社員として勤務していた女性が、長期にわたり男性社員からセクハラを受けていた。しかし、台電 ……
  2011年11月、ある会社の従業員が「上司が紙等を渡す際、手に触れる」としての台北市労工局へ申し立てを行なった。労工局の調査によると、会社は被害者に事件の届け出をさせたものの、有効な糾弾や救済措置 ……
  新北市労工局は12月29日、就業差別評議委員会で職場のセクハラ申し立てを2件審査した。  1件目は新北市のバイオテクノロジー関連の会社で雇用主が従業員へセクハラをしたケースについて審査された。同社 ……
  新北市で働くある女性秘書は雇用主の劉氏とイギリスへ出張に行った際、同じ部屋に泊まることを要求された上に、わいせつ行為を受けたという。これに対して女性は、労工局へ申し立てを行い、さらに板橋地検署へ告 ……
  台北市政府性別工作平等会(男女雇用平等会)は11月16日の会議で、8件中の4件の男女差別に関する申し立て認定した結果、性別工作平等法(男女雇用平等法)第13条第2項(雇用主の職場セクハラの防止義務 ……
  マスコミ業の「公論報」で記者として勤務していた女性従業員のAさん(仮名)は、同社の社長(責任者も兼任している)の頼氏から数回の言語的セクハラを受けたとし、台北市労工局へ申し立てを行った。台北市性別 ……
  新北市により、半年間に渡る就業差別に関する調査結果が公表された。これによると、2011年の前半に受理された就業差別の申し立ては計51件あり、その内、就業差別と判定されたのは8件あった。罰金額の合計 ……
 2011年2月21日から28日の期間に、360d才庫人力資源顧問より職場におけるハラスメントに関して「職場のモンスター」という調査が実施された。その調査結果によると、職場でセクシャルハラスメントに遭 ……
 先頃、台北市労工局は、台北市における2006年度両性工作平等法(男女雇用機会均等法に相当)に関する調査報告を行った。 それによれば、調査対象企業207社のうち、16%の企業において「職場におけ ……
1 to 10 of 13.