労使双方の労働関係に関する見解に食い違いのないよう、社内対策を事前に行っておくことは重要である。 7月8日に発表された台北市労働局の統計によると、台北市で起きた労働争議の総案件数は2009年度が6 ……
 2010年、新竹県竹北市のIT企業で総経理として勤務していた呉氏は、部下の給料が支払われなかった一方で、同社の董事長がインターネットニュースで会社の発展計画を堂々と語っていたのを見つけて腹を立て、そ ……
 台北市労働局(労働局)の発表によると、2012年度に受理した労使争議申し立て件数は2,137件に達し、前年比で405件増加、増加率は23.38%となった。申し立て件数と増加率は上昇し続けており、昨年 ……
 第一商業銀行の行員、王さんが1 4日、呉育仁立法委員(国民党)と共に、妊娠安定休暇の取得に関する記者会見を開いた。王さんは妊娠中に出血し、医者に出産日まで休養するよう勧められた。会社の人事部に妊娠安 ……
 2011年度、新北市労工局が受理した労使争議は3,460件あった。そのうち、賃金関連の争議は1,364件と最も多く、その95%は賃金未払いの案件が占めている。次に多いのは、1,008件と解雇金支給に ……
  台湾水泥(台湾セメント、台泥)のセメント運輸業務を請け負っていた豎井MRTシステムは、欠損を出したため新しい請負業者にその業務を譲渡した。新請負業者は規定により(注)優先的に豎井MRTシステムの元 ……
  中華電纜というケーブル生産会社は、1月5日、桃園から新北市まで運行する社用バスの台数を減らすとし、同社の従業員の不満を招いた。同社の桃園工場に勤務する従業員約約30名は、離職させることを目的に会社 ……
  南台湾汽車客運は、同社の運転手に元日に出勤することを要求したが、法律で規定される2倍の賃金を払わないとした。同社の労働組合員は抗議の意を示すため、2012年元日、集団で休暇を取った。これに対し、会 ……
  新竹市にある知名チェーン店の「85度C」の中山支店に勤務するあるパートタイマーは、超過勤務と保険未加入を指摘し、市政府労工処と健康保険局に申し立てを行なった。  同パートタイマーの指摘では、中山支 ……
  デジタルカメラ用レンズの大立光電(ラーガン・プレシジョン)は、毎年高額の自社株を現物支給しているが、社内規定で従業員は最低2年間勤務しなければならないという同意書を締結する必要があるという。  大 ……
1 to 10 of 19.