労災/補償

労務記事検索

カテゴリを選ぶ(複数可)
フリーワード検索

2006年9月27日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

労災事例:出退勤時の偶発事故

 労工保険給付の統計に依れば、昨年、出退勤時の交通事故に依る労災給付案件は、一万一千件を超えている。 過去に、労工委員会が発令した解釈令(1986年)では、「労働者の日常出退勤経路における偶発事故」 …… 続きを読む

2006年9月8日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

過労症認定 官民に食い違い

 職業傷害被害者協会(工作傷害受害人協会)は昨日午前「2004年台湾における過労症の現状及び認定基準シンポジウム」を開催した。参加者は、近年台湾では過労死のケースが増えているが、労工委員会の認定がかな …… 続きを読む

2006年9月7日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

労工保険未加入者も、労災給付を受給可能?

 従業員4人の貿易会社の営業担当者が、外回りの途中交通事故に遭い、一時的に働くことができなくなった。この場合、医療費はどこから供給されるのだろうか?  現行の労工保険条例では、従業員4人の会社の …… 続きを読む

2006年9月7日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

身障者雇用における、設備費用補助

 ある工場において、被災労働者(身障者)を雇用するにあたり、環境を整えるため、一部設備を取り替えた。これに対する費用補助の申請は可能であるか? 労工保険局の見解は,次の通りである。 職業災 …… 続きを読む

2006年9月7日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

労働災害死亡者遺族に、補助金10万元

 労働者が労働災害に遭って死亡し、その労働者の遺族(扶養家族:配偶者、子女、両親)の生計が困難である場合、労工保険の加入・未加入に係わらず、当該遺族は、家族補助(10万元)を申請することができる。 …… 続きを読む

2006年9月7日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

業務災害保険料の引下げがもたらす効果とは?

行政院は、業務災害保険料率の引下げについて調査を行い、平均保険料率を現行の0.33%から0.27%に引下げた場合、雇用者全体としては1年間に10.8億元の労働保険料の支出を節約できるという結果を得た …… 続きを読む

2006年9月5日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

保険会社障害等級表改正予定

事故に因る身体障害に対し、保険会社からの給付金額は充分ではない。将来的に当該状況を改善する為、金管会(行政院金融監督管理委員会)は、労工保険を参考とし、10数年来適用してきた保険障害等級表の改正を予 …… 続きを読む

2006年9月5日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

労基法に基づく職災(労災)補償

3月6日に発生した台塑石化公司雲林麥寮廠區の労災事故は、死亡者1人、重傷者5人という結果をもたらした。労工局は当企業に対し、労基法に基づく労災補償を実施するよう促した。労働者権益確保の為、縣政府もま …… 続きを読む

2006年9月5日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

労災補償金は非課税

労働者が労働災害に遭った際に、労働基準法の規定に基づき、雇用者より支給される賃金補償金は、財政部の解釈によれば、損害賠償性質に属するとみなされ、所得税は免除されるという。 労働基準法第59条第2 …… 続きを読む

2006年9月4日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

身障者保護法改正、企業の身障者採用規定

内政部は「心身障害者保護法」の大幅改正を検討している。当該改正内容は、名称の改正(「心身障害者権益保障法」)を含み、企業団体における身障者採用の規定修正、及びマスコミによる差別性のある呼称や描写に、最 …… 続きを読む