退職金/保険/労災

労務記事検索

カテゴリを選ぶ(複数可)
フリーワード検索

2017年8月7日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

未消化分有給の買取賃金を平均賃金に含めるか否か

発布部署:労動部 発布番号:労動条 2字第 1060131476 号函 発布日:2017 年 07 月 12 日 資料出典:労動部 関連法規:労働基準法 第 2、38、39 条 …… 続きを読む

2015年4月7日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

通勤途中の労災判定について

通勤途中の労災に関する解釈令は以下の通りです。 1.「労工保険被保険者が職務執行で傷病に至った場合の審査準則」第4条、「通勤に関し、住居と就業場所との往復に必要な経路にて発生した事故」の意義について。 …… 続きを読む

2008年7月4日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

入社内定者の、労災取扱いについて

 入社内定者が、入社手続きのため会社を往復する途中、事故に遭い、傷害を負った場合の措置(労災扱い)について、行政院労工委員会から、次の通り公告が出ています。  この場合、会社が該当内定者に対して …… 続きを読む

2008年2月1日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

労働者死亡時の退職金支給

 労働者が、定年退職の「発効日前」に死亡した場合、その退職金の支払いは、どのように取扱うべきであるか? これに対し、以下の解釈令が出ている。  労働基準法第53条の規定に依り、労働者が雇用者に …… 続きを読む

2007年8月29日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

定年退職の条件と年齢定義

定年退職の法定条件は、以下の通りである。 ◎労働者自身による定年退職(労働基準法 第53条) 1. 勤続15年以上で年齢が満55 才に達した者。 2. 勤続25年以上の者。 …… 続きを読む

2006年11月9日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

退職金新制度適用者の強制(定年)退職基準

行政院労工委員会2006年3月15日労働4字第0950008016号令 要旨:労働者退職金条例に基づく退職金制度(新制度)を適用する労働者が、労働基準法第54条の「強制(定年)退職」規定条件に符 …… 続きを読む

2006年9月26日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

出張の際の労働災害について

出張の際の労働災害について 「業務の都合による出張」に関する行政解釈 1. 労工委員会1988年2月3日 台77労安二字第01258号函 事業単位の労働者が業務の都合により出張す …… 続きを読む

2006年9月26日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

一般女子社員は妊娠無給休職期間中、労工保険への継続加入が認められるか

一般女子社員は妊娠無給休職期間中、労工保険への継続加入が認められる 行政院労工委員会 1994年4月26日(83)台労保二字第28588号   労工保険条例施行細則第31条第2項(現第 …… 続きを読む

2006年9月26日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

特定の労働者に保険継続加入の意がある場合、断れるのか?

労工保険条例第9条を適用し、 保険継続加入の意がある労働者に対して、保険単位は加入を継続させなければならない。 行政院労工委員会 1992年6月2日(81)台労保二字第11604号 現行 …… 続きを読む

2006年9月26日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

外国籍の労働者の職業傷害について

外国籍の労働者の職業傷害について 主題:外国籍の労働者は、職業傷害の治療期間中に労働契約を取り消し、且つ保険を脱会する場合、医師による診断証明及び本会の審査の上医療期間満了という許可を取得する …… 続きを読む