労働時間

労務記事検索

カテゴリを選ぶ(複数可)
フリーワード検索

2018年11月15日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

11月24日の統一地方選挙日に従業員を出勤する場合の対応

2018年11月8日に労動部より解釈令(労動条3字第1070131460号公告)が公布され、11月24日の統一地方選挙日は、労働基準法第37条規定の「休暇とすべき日」となりました。 そのため、選挙日 …… 続きを読む

2017年3月20日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

所定休日出勤時の休暇取得 ※2018.3.14より適用廃止

◎労動条 2字第 1050133150 號函(日本語訳) 通達部署:労動部 通達番号:労動条2字第1050133150号函 発文日時:2017年02月07日 参考資料:労動部 …… 続きを読む

2016年7月12日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

移動時間は勤務時間に含むべきか?

研修・出張など用務先への移動は勤務時間に含むべきか? ◎行政院労工委員会78年6月3日台(78)労動2字第13366号解釈令 「従業員が会社の命令を受けて出張や訓練のためにかかる往復時間を …… 続きを読む

2016年1月13日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

遅刻は労働時間に含めるべきか

 労働者が遅刻をした際、遅刻した時間について雇用主が独断で規定を設け休暇申請で処理してはならず、給与からの天引きか或いは事故休暇(事假)として処理するかいずれの場合も、勤務時間の延長を計算する上で、遅 …… 続きを読む

2006年9月11日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

通常労働時間について

通常労働時間 労働基準法第30条第1項には、「労働者の1日の通常労働時間数は8時間を、2週間の総労働時間数は84時間を超えてはならない」と定められている。2002年末には、分散された労働時間 …… 続きを読む

2006年9月11日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

8週間変形労働時間制の緩和

産業界の億単位にのぼる残業手当を左右する、労基法の変形労働時間制が再度緩和されることになった。即日より、卸・小売業、賃貸業、水道業等16の業種が8週変形労働時間制の適用に指摘され、雇用者は8週間の総労 …… 続きを読む

2006年9月11日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

変形労働時間制及びフレックス・タイム制(弾性労働時間制)について

変形労働時間制とフレックス・タイム制は共に、固く決められていた元来の労働時間 (1日8時間、週48時間)をより柔軟に活用する制度である。 細かく区別すると、 ● 変形労働時間制:一定期 …… 続きを読む