Q:旧退職金が未精算のままになっているのですが、該当従業員全員の賛同が得られれば、一般論としてすぐにでも精算を行った方がよいのでしょうか?(新退職金の一本化)   A:法改正が2005年7 ……
Q:残業代発生の基準は、週40時間の所定労働時間超過分からと言う理解でよろしいでしょうか。 弊社の場合、1日の実働が7時間(9:00~17:30のうち、昼休みが1時間半)で、週休二日(土日)です ……
労働基準法第56条の改正により、今年から毎年の3月末迄に雇用主は当年度の従業員定年退職準備金を積み立て、専用口座に預け入れなければなりません。   ◎労働基準法第56条改正内容はこちらを下 ……
労務顧問 労務顧問会員
労働災害について
Q:労働災害とは?A:1.労工安全衛生法第2条第5項によりますと、労働者が就業する場所の建築物、機械、設備、原料、材料、化学品、気体、蒸気、粉塵等或いは作業活動及びその他業務上の原因により発生する工作 ……
Q1:弊社では就業時間は1日8時間と定められています。残業する場合、台湾では4時間を超えることは認められないと聞きました。もし、トラブル等で残業や徹夜した場合、残業代割増支給や徹夜明の休暇制度などを整 ……
Q:日本本社では効率向上のため、フレックスタイム制度を導入しています。台湾でもフレックスタイム制度を導入することは可能でしょうか?また、注意事項はありますか?A:労働基準法第30条第8項によれば、「第 ……
 Q1、労働基準法第37条が来年2016年1月1日から変わると聞きました。具体的に何がどう変わるのか教えて下さい。A、労基法第30条(通常労働時間)の労働時間の規定が、これまでの2週間84時間(1週間 ……
Q、勤続勤務満5ヶ月の女性社員が現在妊娠中で、医師の診断書により、計2週間の休みを申請しました。 この2週間における有給休暇の取得可能な日数は何日ですか? A、妊娠の休暇について、労働部公布の ……
労務顧問 労務顧問会員
労工保険について
Q1、労工保険の加入資格は?A、15歳以上、60歳以下で雇用された労働者です。(臨時的労働者、試用期間中の労働者、パート・アルバイト労働者(部分工時労働者)、外国籍の労働者を含む)Q2、従業員は3人で ……
Q、本指導原則に罰金はありますか?A、本指導原則は労働基準法に沿って作成されたもので、本指導原則自体に罰金等の罰則はありません。しかし本指導原則内には「労働基準法第35条の規定に基づき休憩時間を与えな ……
21 to 30 of 163.