Q&A

労務記事検索

カテゴリを選ぶ(複数可)
フリーワード検索

2014年6月27日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

定年退職後の定期契約について

Q: 弊社は定年退職を迎えた社員に対して、相互の協議・同意のもと、定年退職後から1年毎に定期契約を締結しています。この場合は、不定期契約と見なされて違法になりますか。 A: 労働基準法第9条によると …… 続きを読む

2014年6月27日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

アルバイトのシフトについて法律の制限はありますか?

Q: アルバイトに勤務手当を支給し、なるべく毎日出勤を激励したいのですが、台湾の法律に何か制限はありますか。 A: 労働基準法第36条に規定されている「労働者は所定休日として七日ごとに少なくとも一日 …… 続きを読む

2014年6月27日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

時給制社員(アルバイト)の休日出勤について

Q: 時給制社員(アルバイト)が休日出勤した場合、残業代は支給すべきでしょうか。 A: 時給で賃金を計算している社員は、下記、二つの状況に該当する場合のみ、残業代を支給する義務が発生します。 1、 …… 続きを読む

2014年5月29日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

性別工作平等法関連質問 セクハラ防止篇

Q1: 職場セクシャルハラスメントの防止について、雇用主が法律に定められた、やらなければならない事は何でしょうか。 A1: 性別工作平等法第13条により、雇用主は下記の責任があります。 1. 被雇用 …… 続きを読む

2014年5月29日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

性別工作平等法関連質問 育児関連篇

Q1: 性別工作平等法における授乳時間について規定は? A1: ・ 子女が1歳未満で、被雇用者が授乳する場合、規定の休憩時間の外に、雇用主は毎日2回の授乳時間を与えなければならず、その時間は1回30 …… 続きを読む

2014年5月29日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

性別工作平等法関連質問 育児休職篇

Q1: 育児休職の申請条件及び期間は? A1: 性別工作平等法第16条及び育児休職実施方法第2条により、申請条件及び申請期間は下記の通りである。 <申請条件> 被雇用者は、勤続1年を満了 …… 続きを読む

2014年5月29日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

職務に不適任な社員の扱いについて

Q: ある社員は病気のため、現在の職務に不適任になり、且つ勤務態度もよくない、どうすればいいでしょうか。 A: 一般的には、異動・無給休職・解雇等の方法で、労使双方の同意に基づき対応します。また、定年 …… 続きを読む

2014年5月29日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

退職者の有給休暇について

Q1: 退職者の有給休暇について、原則、残りの日数を買取る社内規定になっておりますが、退職者に労働契約終了日までに消化させる事はできますか。 A1: はい、できます。 行政院労工委員会19 …… 続きを読む

2014年5月29日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

試用期間中の解雇について

Q: 試用期間中に採用した社員が不適任と判明した場合、無条件で解雇しても問題ないでしょうか。 A: いいえ、現行の労働基準法は試用期間についての規定はございませんので、試用期間中であっても、従業員を …… 続きを読む

2014年4月30日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

性別工作平等法関連質問 休暇篇

Q1: 労働基準法も性別工作平等法も出産休暇について定めがありますが、その違いを教えてください。 A1: 労働基準法における出産休暇は下記2つを明記しております。 ① 出産前後の女性労働者につ …… 続きを読む