Q&A

労務記事検索

カテゴリを選ぶ(複数可)
フリーワード検索

労務顧問 人事労務 労務顧問会員 作成日:2014年3月31日

Q&A テーマ別Q&A
月給制社員の賃金を時給に換算した時の取り扱い

Q: 1月から最低賃金は時給115元に引き上げましたが、月給制社員の賃金を時給に換算する時もこれを守らないといけないでしょうか。 A: いいえ、最低賃金の時給は時給制社員(アルバイトなど)のみに適 …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 労務顧問会員 作成日:2014年3月31日

Q&A テーマ別Q&A
残業代算出のための時給計算についての取り扱い

Q: 残業代算出のための時給を計算するとき手当も算入する必要がありますか? A: 賃金の性質によって判断する必要があります。 労働基準法第2条により、賃金の定義は「労働者が労働により受け取る報酬を …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 労務顧問会員 作成日:2014年3月3日

Q&A テーマ別Q&A
退職社員の賃金支給時期について

Q: 会社のルールに従って退職手続きを進めた社員に対して、退職月の給料支払いを一時保留にし、会社に損失を与えていないことが確定してから支給することは可能でしょうか。 A: いいえ、できません。 労働基 …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 労務顧問会員 作成日:2014年3月3日

Q&A テーマ別Q&A
新入社員の労働契約に最低勤務年数を設けられる?

Q:新入社員と労働契約を締結する際に、最低勤務期間を設けて、労働者が違反する場合、違約金を支払わせるのは法律違反になるでしょうか。 A: 法律違反ではありません。 会社は企業経営上に必要と判断される場 …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 労務顧問会員 作成日:2014年3月3日

Q&A テーマ別Q&A
職務不適任の社員の解雇について

Q1:職務不適任の社員がいます。直接解雇する場合は何か問題あるでしょうか。 A1: 台湾の法律上「解雇は最終手段」という原則があります。職務不適任の社員に対して、雇用主はまず労働基準法で付与されている …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 労務顧問会員 作成日:2014年3月3日

Q&A テーマ別Q&A
法律改正後の生理休暇についての取扱い

Q1:2013年12月18日に男女雇用平等法(性別工作平等法)改正後、女性労働者は一年以内の生理休暇の申請日数が3日以下の場合、一般傷病休暇に算入しないと聞きました。いわゆる、女性労働者は一年に生理休 …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 労務顧問会員 作成日:2014年2月27日

Q&A テーマ別Q&A
就業規則の作成・届出について

Q1: 台湾では企業に何人従業員がいる場合、就業規則を届け出る義務があるでしょうか。 A1: 30人以上の企業は、就業規則を作成し、現地の主務機関(台北市なら台北市労工局)に届け出、審査を受けなければ …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 労務顧問会員 作成日:2014年1月24日

Q&A テーマ別Q&A
飲酒運転した社員の懲戒について

Q: 飲酒運転した社員に対して、解雇や減給をできますか? A: 解雇について、労働基準法第12条第4項に「労働契約または就業規則に違反し、経緯が重大な場合、会社は従業員を無予告解雇できる」と記載してい …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 労務顧問会員 作成日:2014年1月24日

Q&A テーマ別Q&A
労使会議未開催の罰則について

Q1: 労使会議は必ず開催する必要がありますか? A1: はい。労使会議実施方法第2条に依り、事業単位であれば、従業員数に関係なく必ず開催しなければなりません。   Q2: 開催していない場合、何 …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 労務顧問会員 作成日:2014年1月24日

Q&A テーマ別Q&A
アルバイト及び外国人労働者の有給休暇について

Q1: アルバイトも正社員と同様に、有給休暇を与えなければならないのでしょうか。 A1: はい。アルバイトも正社員と同様に有給休暇を与えなければなりません。 ただし、行政院労工委員会労働二字第 …… 続きを読む

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。