今回は定年退職の退職金支給についての判例を紹介します。  現在台湾で使われている退職金制度は2種類あります。一つ目は1984年7月30日より施行している労働基準法の第53条に基づく退職金制度です。こ ……
【係争事由】退職金の給付 【裁判所】台湾高等法院 【判決日】2012年5月23日 【原告】甲 【被告】欣○客運(股)公司(以下、会社) 【経緯】  甲は1993年9月より会社に勤務し、09年9月30日 ……
   部下を指導する際、怒りを抑えられずつい汚い言葉を口にしてしまうこともあるでしょう。今回は、上司のそのような発言が、部下が予告なく退職(無予告退職)できる理由となる重大な侮辱行為に該当するかどう ……
   本コラム第24回では、会社と経理人が委任関係にあると判断された場合、会社は労働基準法に基づいて退職金を支給する義務はないという判例を紹介しました。今回は経理人として会社に任命される以前に、従業 ……
   年末賞与は経常性賃金ではないため、退職金を算出する目安となる平均賃金の計算対象内には入らないと認識されているかもしれません。しかし、経常性賃金ではないからといって、本当に平均賃金に算入しなくて ……
   連載第2回目の今回も、前回に引き続き退職金給付に関係した判例をご紹介します。一緒に見ていきましょう。 【係争事由】退職金給付 【裁判所】台北地方法院 【判決日】2003年7月28日 ……
   今回から、日系企業の皆さまの関心が強い台湾の労務事情について、実際の労使争議を扱った裁判の判例を通じて学んでいくという内容の連載をスタートします。担当の劉馨婷です。よろしくお願い致します。第1 ……
1 to 7 of 7.