6〜7月は新卒採用が多い時期です。採用後すぐに社員が辞めてしまうことを防ぐために、一定就業期間内に辞めた場合、退職者に賠償金を求める雇用契約を交わす会社もあります。では、社員が辞めた場合、たとえ試用 ……
【係争事由】退職金支給 【裁判所】台湾高等法院 【判決日】2014年1月22日 【原告】甲 【被告】台湾○○(股)公司(以下、会社) 【経緯】  甲は90年1月1日より会社に勤務し始め、11年5月に ……
【係争事由】労働基準法 【裁判所】台中高等行政法院 【判決日】2012年5月14日 【原告】嘉○保全(股)公司(以下、会社) 【被告】台中市政府 【経緯】  行政院労工委員会(労委会)の中区労働検査所 ……
【係争事由】損害賠償 【裁判所】台北地方法院 【判決日】2010年1月6日 【原告】甲 【被告】迪○企業(股)公司(以下、会社) 【経緯】  甲は会社で税務会計の仕事を担当していた。入社する際に「雇用 ……
    会社が従業員を採用する際、雇用期間を取り決めておく定期契約を締結することがあります。しかし、同契約をめぐる争議は少なくありません。定期契約はどのように締結すれば、法的な観点からみて問題がない ……
   本コラム第11回では、従業員が人事異動を拒否できるか否かに関する判例をご紹介しました。今回は懲戒処分として人事異動を行ったケースをめぐる判例をご紹介します。 【係争事由】雇用関係の確認 ……
   本コラム第13回では会社の経理人に労働基準法が適用されるかについての判例を紹介しましたが、今回は董事会の任命を受けずに経営幹部として雇用されていたケースが、委任契約と労働契約のどちらに当たるか ……
   本コラム第14回では試用期間中の研修費用返還問題についての判例を紹介しましたが、今回は試用期間にも至っていない、正式採用前の訓練実施に対する労働関係有無の判断が、訓練費用返還の是非を左右した判 ……
   企業のリスク低減策の一環として、日本と同様、台湾でも派遣社員の活用が目立ってきましたが、台湾では派遣関連の法律がまだ明文化されていません。今回は損害賠償に関する判例を通じ、派遣社員と派遣会社、 ……
   企業が新入社員に対し、企業文化や業務上必要な知識を習得させようと、試用期間を利用して通常業務を始める前に研修を実施するケースは少なくありません。研修に時間も費用もかけたのに、新入社員がすぐに退 ……
1 to 10 of 14.