【2017.01.18付けにて廃止】行政院労工委員会1998年9月23日労動二字第041683号  労働基準法第38条の有給休暇規定は、労働者に休息の機会を与えるために定めたものであり、有給休暇 ……
 従業員に対する、年次有給休暇付与の規定は、労働基準法第38条に定められています。  但し、短時間労働者や、所定労働時間が定まっていないパートタイマーに対する、年次有給休暇の取扱いについては、「 ……
労働者の忌引き休暇における取得可能日数は、「労働者休暇規則(労工請假規則)」に以下の通り規定されています。 1. 父母、養父母、継父母、配偶者が亡くなった場合:8日取得可能 2. 祖父母、 ……
 労働者休暇規則(労工請假規則)第2条に、「労働者が結婚する際、結婚休暇を8日与え、賃金は通常通り支給する」との定めがある。 では、労働者が再婚する場合は、どう取り扱うべきであるか? これ ……
 労働基準法施行細則第24条第3号に、「当年度終了或いは、労働契約終了により未消化となった年次有給休暇(特別休暇)について、雇用者は、その未消化の休暇日数分を賃金として支給しなければならない」との定め ……
子宮外妊娠の対処法について   子宮外妊娠は医学上の定義において妊娠だと認定されている。よって、男女労働平等法(両性工作平等法)第15条第1項の定めに依り出産休暇をとることが出来る。 ……
一般傷病休暇満了後、無給停職を申請する労働者に対し、雇用者はそれを拒否することができるのか? 行政院労工委員会 1987年12月11日(76)台労働字第9409号   労働者労工休 ……
労働基準法が定める、「1ヶ月内の無断欠勤が6日に達する場合」 に関する疑義 行政院労工委員会 1999年11月18日(88)台労資二字第0048187号   労働基準法第12条第1項第 ……
週休二日制を実施する事業単位では、雇用者は労働者が所用休暇を連続14日間取得したことを理由に週休二日の賃金付与を拒否する、或いは毎週定例休日の賃金のみを支給することはできるのか? 行政院労工委 ……
「労働者の特別休暇と出産休暇は別々に与えなければならない」 行政院労工委員会76年9月17日 台76労動字第2679号函 労働者の特別休暇と女性労働者の出産休暇は、両者の法定要件が異な ……
11 to 20 of 31.