第1回 ネットショッピングも中国ブーム?


コラム 台湾事情 2010年9月13日

陳小姐的台湾トレンド情報2 台湾トレンド

第1回 ネットショッピングも中国ブーム?

記事番号:T00025236

 
 ワイズニュース創刊以来の人気コラム(?)「陳小姐的トレンド情報」は、前担当の陳逸如に代わり、今回よりわたし陳美璇の担当でリニューアルスタートすることになりました。担当は変わっても同じ陳小姐ですので、どうぞよろしくお願いいたします♬

 最近、景気が良くなって、仕事が忙しくなった人も多いことと思います。しかし、女性たちはいくら忙しくなっても、ファッションをチェックし、ショッピングも必ずします。むしろ、忙しいほどかえってショッピングをしたくなるとも言えます。

 それでも、朝から夜まで会社で頑張ってる女性社員たちは、どうやってショッピングの時間を見つけるのでしょうか?その答えはネットショッピングです。

 台湾のネットショッピングサイトで特に人気が高いのは、ヤフー奇摩「購物中心」(http://buy.yahoo.com.tw/ )と日本から来た楽天市場(http://www.rakuten.com.tw/ )ですが、最近最も注目を浴びているのは、台湾のものでも日本のものでもなく、中国最大のネットショッピングサイト「淘宝網(Taobao)」なのです。

T000252361

「淘宝網」http://www.taobao.com/index_global.php 

 淘宝網の人気の秘密は、ずばり商品価格の安さです。台湾で買うのと同じような服が、半額の値段で入手できます!よく探してみると、もっと安い商品もいっぱい見つかります。

 女性はファッションを意外と厳しい目で見ていて、長く着れない単品は安いものに手を伸ばします。そこで、安く、品質もまあまあいけそうな商品がたくさんある淘宝網はどんどん人気が上がり、もはやネットショッピングと言えば、ヤフー、楽天、淘宝網、という状態になっています。

 わたしや周りの友人たちも、淘宝網でアクセサリーや服を買ったことがあります。「売家」(売る人、ネット商店のオーナー)によって商品の品質に多少差がありますが、スムーズに購入できるし、商品の満足は十分だし、よい経験でした。

購入代行サービスも

 しかし淘宝網は中国のサイトで、「支付宝」という独特の決済システムを採用しているため、会員登録をはじめ手間がかかったり、台湾からはクレジットカードで支払いができますが、本人認証が必要だったりと、面倒さを感じることも少なくありません。

 このため、購入を代行する新しいビジネス「代買」も生まれました。検索サイトで「淘宝 代買」と検索すれば、業者がいっぱい見つかります。わたしも使ってみましたが、注文する商品リストを「代買」にメールして、代金を振り込んだ後、「代買」が代わりに手続きするため、家で小包を待つだけで楽でした♪

 「代買」は手数料などサービス料金は業者によって異なるため、利用に当たっては比較が必要です。わたしが使った「代買」の費用明細は「商品価格+中国国内運送料+国際輸送料」で、手数料は必要ありませんでした。では、業者のメリットはどこにあるかと言えば、台湾元と人民元の為替レート差です。適用する為替レートを実勢レートよりも高く設定することにより、その差額を利益として得る訳です。

 景気が回復しても給料がなかなか上がらず困っている人や、小遣いが少ない学生らにとって、淘宝網はありがたい存在と言えるでしょう。

 服だけではなく、電子製品、食品など、いろいろな物を販売していますので、皆さまも一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

ワイズコンサルティング 陳 美璇
      

陳小姐的台湾トレンド情報2台湾トレンド

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。