ワイズコンサルティング・グループ

HOME サービス紹介 コラム 会社概要 採用情報 お問い合わせ

コンサルティング リサーチ セミナー 在台日本人にPR 経済ニュース 労務顧問会員

第1回 台湾語歌謡界のレジェンド・江蕙


コラム 台湾事情 作成日:2015年2月10日

TAIWANトレンド情報

第1回 台湾語歌謡界のレジェンド・江蕙

記事番号:T00055414

  台湾語歌謡界で最も人気のある女性歌手、江蕙(53)が今年1月2日、引退を宣言して社会に大きな衝撃を与えました。今年7月から行う「さよならコンサート」は、当初16回の予定でしたが、チケットを入手できなかったファンのために9回を追加して計25回とし、延べ25万人が来場できるようにしました。それでも6,800台湾元のチケットにダフ屋が6万元の値を付けるなど人気は過熱し、一大社会現象となりました。江蕙は一体どのような人物なのでしょうか?


江蕙はキャリアが長いため、ファンが多くの世代にまたがっています(フェイスブックより)

 江蕙は43年にわたる長いキャリアで50枚ものアルバムをリリースし、台湾最大の音楽賞「金曲獎」を12回受賞、台湾語歌謡界のレジェンドと言える存在です。嘉義県の貧しい家庭に生まれ、まだ子供だった10歳の時にはレストランやキャバレーを回って歌い、歌手生活をスタートします。妹で後に同じく歌手となる江淑娜(50)と共に巡業を繰り返し、実力を磨いていきました。ただ、若い頃は人気面で他の台湾語歌手とそれほど大きな差はありませんでした。

台湾語の情感あふれる歌詞

 江蕙の人気を決定付けたのは1992年にリリースした「酒後的心声」という歌でした。「私は酔っていない、酔っていない、酔っていない。だから私に同情しないでください。お酒を飲んだら心が痛む。誰も切ない私の気持ちを分からない。お酒しか私を分からないのだ」といった歌詞です。

 当時の台湾は経済成長の絶頂期で、金余りの一方で心のむなしさを抱え、それをお酒で埋める人も多かったのです。江蕙の歌はこうした人たちの心に染み込み、人気を不動のものとしました。

 人生のむなしさを歌った歌では他に「傷心酒店」、また家族愛がテーマの「落雨声」「家後」など、江蕙は台湾人にしか分からない情感あふれる台湾語の歌詞と、聴く人を癒やす歌声で社会の底辺の人々に生きる力を与えました。

 2008年発表の「甲你攬牢牢」(あなたを抱きしめる)は、江蕙が災害で家族を失った失意の人々に救いの手が差し伸べられる映像に感動して、初めて自身が作詞作曲した歌です。「私はあなたを抱きしめてやる。あなたに人生を迷わせないように。あなたの憂い、涙を分け合いたい。あなたの恐れと涙をなくしたい。人生には希望がある。私と一緒に試練を乗り越えよう」という歌詞で、この世はどこに行っても人の温かさがあり、抱きしめるだけで人に希望や力に与えられると訴えています。復興航空(トランスアジア航空)の旅客機が昨年澎湖で墜落したときは、著名歌手の張恵妹(阿妹)がこの歌を歌い、犠牲者の家族を慰めました。

心に響く夫婦愛「家後」

 私がまだ子供のころ江蕙は既にビッグスターで、母がよく江蕙の曲を鼻歌で歌いながら家事をしていたので、私も歌えるようになりました。当時は歌詞の意味を完全には理解できませんでしたが、大人になって歌詞に隠されている情感が分かるようになりました。

 私が一番好きなのは「家後」という曲です。「家後」は台湾語で「妻」のことで、老いた夫婦が過去を振り返り、これからを語る内容で、妻は黙々と夫に捧げた一生に悔いはなく、それは妻だからという思いを歌っています。「私は一生をあなたに捧げて、幸せは賑やかな生活を送ることだと分かった。帰らぬ旅に出るときが来て、あなたを先に行かせてやる。あなたが私のために涙を流すのは切ないから」。

 この歌詞を初めて聴いたとき、とても心に響きました。最も愛している人を自分のために悲しませたくないから先に行かせる。悲しみは自分で抱えていけばいいというのは、本当の愛そのものだと感じました。

 江蕙は残念ながら引退を決めました。それに伴い、新曲「七老八十」(年を取った)も披露されました。さらに新曲が2曲あるとのことで、ファンたちは引退を惜しみつつ、コンサートと新曲を楽しみに待っています。

ワイズリサーチ 郭文均

TAIWANトレンド情報

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。