第2回 チューリップの古里・桃源仙谷


コラム 台湾事情 作成日:2014年2月25日

週末快楽手冊

第2回 チューリップの古里・桃源仙谷

記事番号:T00048809

 もうすぐ春ですね。春と聞いて、何を思い浮かべますか。日本の春といえば、お花見ですね。今回は桜だけではなく、さまざまな花が楽しめる、桃源仙谷(桃園県)という花の名所をご紹介します。


虹のように広がる花畑の奥にはレストランもあります(桃源仙谷提供)

 「桃源仙谷」とは、俗界を離れた別世界、桃源郷(ユートピア)という意味です。桃園県の桃源仙谷は、その名の通り、1年を通じてさまざまな花が咲き乱れる、とてもロマンチックな場所です。

世界で一番早く開花

 桃源仙谷は、「台湾のチューリップのふるさと」と呼ばれています。チューリップの数、種類、栽培面積いずれも台湾一。毎年数十万個の球根を輸入し、心を込めて育てており、翌年1〜3月にきれいな花を咲かせます。気候の関係で、台湾は世界で一番早く咲きます。ちなみに、今年のチューリップのシーズンは3月23日まで。60品種近くが順番に花を咲かせます。

ホタル鑑賞、ハイキングも

 チューリップの他には、どんな花が見られるのでしょうか。冬(1〜2月)には梅や桜が、春(3〜5月)になると、海芋(カラー)、ラベンダーなどたくさんの花が一斉に咲き出します。ホタル観賞スポットとしても有名で、4~5月には多くの人が訪れます。


ホタルの季節には写真撮影のコツも教えてもらえます(要予約)(桃源仙谷提供)

 夏(6〜9月)はリアトリス(キリンギク)など紫色の花が中心です。湖が一般開放され、バーベキューをしながら、水遊びを楽しむこともできます。

 秋(10〜12月)にはユリ10種類以上の他、台湾で唯一、金色に色づくカエデ(黄金楓)約4,000本を見ることができますよ。

 214ヘクタールの広大な敷地には、花畑だけでなく、2本の川沿いにハイキングコースもあります。子どもOKの家族向け30分コース、3時間の達人コースなど、体力に合わせて誰でも楽しめます。

 桃源仙谷は準備に18年かけて美しい世界を作り上げ、2002年から営業しています。今や観光客はもちろん、ウェディング写真のロケ地としてカップルにも人気です。11年に公開され、話題となった台湾映画『セデック・バレ』の桜の一部シーンはここで撮影されたのですよ。

 皆さま、忙しい日常生活から離れて、台湾のユートピアでリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

【桃源仙谷】

住所:桃園県復興郷長興村上高遶8鄰5号之1
台湾高速鉄路(高鉄)新竹駅から車で約50分

電話:03-3822661

営業時間:8:00〜17:00
(ホタル観賞期間は8:00〜21:00、18時までに入園のこと)

定休日:なし

入場料:一般350台湾元

URL:http://www.tysv.com.tw/index.aspx

ワイズコンサルティング 王畊蘋

週末快楽手冊

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。