第29回 永久居留証の申請


コラム 人事労務 台湾事情 2014年3月4日

こっそり予習、管理部門の豆知識 総務・会計

第29回 永久居留証の申請

記事番号:T00048922

 台湾に居留する外国人が取得する通常の居留証は、有効期間が1~3年ですので、最低でも3年に1回は内政部入出国移民署で更新しなければなりません。

 ところが永久居留証を取得すれば、毎年183日以上滞在するだけで、更新は不要です。今回は永久居留証の申請についてご紹介致します。

手続きが簡素化

 永久居留証の取得といえば、必要書類が多く、時間もかかり、面倒というイメージがあります。ですが昨年から必要書類が一部不要になったので、少し楽になりました。

永久居留証の申請条件

 台湾での居留期間が連続5年以上、かつ毎年183日以上台湾滞在の事実があれば、永久居留証を申請できます。

 居留の目的は、就業、布教、投資、家族呼び寄せの4種類があります。家族呼び寄せの場合、連続5年以上居留、または不連続で10年以上居留しており、かつ5年間以上、毎年183日以上滞在していれば、申請が可能です。

申請に必要な書類

 必要書類は居留の目的によって異なりますので、ここでは共通の必要書類をご紹介しましょう。

・証明写真、新旧パスポートの原本(過去5年分)、居留証の原本

・所定の健康診断書

・母国の無犯罪証明(犯罪経歴証明書)

・台湾の無犯罪証明(いわゆる「良民証」)

・財産証明または特殊技能証明

 就業ビザの場合、政府機関が発行した労働許可と1カ月以内の在職証明も必要です。

期限切れの心配無用

 皆さんに朗報です。5年間の居留期間に出境した日数が毎回3カ月以内なら、母国の無犯罪証明と健康診断書が不要になりました(2012年10月より)。

 実は取得が最も面倒なのが母国の無犯罪証明です。日本の無犯罪証明の場合、交流協会で申請でき、無料ですが、取得までに約1カ月半かかります。その上、外交部の認証を受け、中国語の訳を作成し、公証人の認証が必要です。

 従来は申請準備に3カ月近くかかりましたが、母国の無犯罪証明が不要な場合は、半分の時間で済みます。

 また、面談も不要になったので、本人でなく、委託された代理人が申請することもできます。

 審査通過後、手数料1万台湾元を払えば、2週間後に永久居留証の完成です。

 もし台湾に長期居留するなら、永久居留証を取得しておけば、うっかり期限切れとなって慌てる心配はありませんよ。

ワイズコンサルティング 呉蒔萱  

 

こっそり予習、管理部門の豆知識総務・会計

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。