第22回 顔写真の正しい撮り方


コラム 台湾事情 2010年9月28日

こっそり予習、管理部門の豆知識 総務・会計

第22回 顔写真の正しい撮り方

記事番号:T00025532

 
 こんにちは。ワイズコンサルティング管理部門総務担当の柯慧甄です。今回より「こっそり予習、管理部門の豆知識」を佐々木に代わりまして担当いたします。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 台湾にいらっしゃる皆さんは、居留証(外国人登録証明書)をお持ちのことと思いますが、居留証を取得した際、顔写真を撮り直さなければならなかったことはありませんか?台湾では2005年に国民身分証(住民IDカード)が現在のモデルに更新された際、証明写真の規定もより細かく改定されました。台湾人の身分証明書であれ、外国人の居留証であれ、一律に適用されます。

 証明書申請の際、顔写真の撮り直しを命じられたりしたら実に面倒なので、今回は「絶対合格!」の証明写真の撮り方をご紹介させていただきます。

1回でOKをもらおう
 
 まずはサイズからです(サンプルをご参照下さい)。写真が管轄機関から拒否されるケースで最も多いのは、サイズを満たさないことです。

 台湾の証明写真の大きさは縦45ミリメートル、横35ミリ。顔の大きさは、頭頂部からあごまで32〜36ミリと決められています。合わなくても無理にはさみで切って、修正したりしないでください。

 また「背景や影がない」ことも守らなくてはなりません。服の色と背景が同系色になって輪郭が見分けにくくならないよう、濃い色の服を着て撮影することがお薦めです。薄い色は避けた方がいいですよ。
 
T000255321

            
 このほか、証明写真には以下のような規定があります。

・1年以内に撮影されたもの。

・無帽で正面を向いたもの。顔が横向きだったり、左右に傾いていてはいけません。

・まゆ、目、鼻、口がはっきりと写っていること。髪の毛でまゆや目元、耳が隠れていないこと。

・サングラスなど色の付いた眼鏡は不可です。フレームが目にかからないように要注意。フレームが太過ぎてもいけません。

・傷跡やあざがある場合は、ありのままに撮影すること。

 以上、面倒かもしれませんが、規則通りにやれば問題ないでしょう。

スピード写真より写真店を
 
 撮影はスピード写真よりも、写真店を利用した方が無難です。なぜかと言うと、スピード写真は便利ですが、フラッシュが強くなって輪郭が見分けにくくなることがあり、厳しくチェックされて拒否されることが多いのです。

 私も居留証申請の仕事を担当することがあるのですが、顔写真で内政部出入国・移民署に拒否されたことが何度もあります。それらはいずれも、スピード写真やデジタルカメラで撮影した写真でした。こうした経験を通じて、証明写真に深く注意を払うようになりました。

 証明写真の撮り方をしっかり覚えれば、全民健康保険証や、今後のパスポートの更新など、すべてスムーズに行きます。細かい規定は面倒ですが、差し戻されたらもっと面倒ですので、一回でパスするのがいいでしょう。
 
ワイズコンサルティング 柯慧甄

こっそり予習、管理部門の豆知識総務・会計

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。