ワイズコンサルティング・グループ

HOME サービス紹介 コラム 会社概要 採用情報 お問い合わせ

コンサルティング リサーチ セミナー 在台日本人にPR 経済ニュース 労務顧問会員

第147回大会 台湾ゴルフ最長コースに挑めたか?/台湾


コラム 台湾事情 作成日:2022年3月31日

ワイズ杯ゴルフレポート

第147回大会 台湾ゴルフ最長コースに挑めたか?/台湾

記事番号:T00101809

 「あれ?顔が違う!」弊社主催ワイズ杯ゴルフコンペとは別のコンペに参加した際の話です。同伴O氏はドライバーを手に朝一番、驚きの声。

 皆さまこんにちは。ワイズコンサルティング佐藤でございます。弊社コンペとは別コンペでの出来事ですが、少々珍しい話ですので冒頭に書かせていただきます。

 ドライバーのヘッドカバーを外した直後のO氏。どうやら前回のゴルフ終了時、キャディさんが間違えて別の方のドライバーにO氏のヘッドカバーを付けてしまったようです。普段冷静なO氏もこの出来事には動揺の色が隠せません。プレー中も前回の同伴者へ連絡を取り、自身のドライバーの行方を捜しています。

 「この瞬間、同じ現象が別のゴルフ場でも起きていますよね」当事者ではない我々は冷静さを装いつつ、笑いをこらえています。「緊張の朝イチショットも思わぬ笑いのおかげでリラックスできました」弊社コンペとは別コンペですので、O氏のプレーぶりは省きますが、成績は皆さまのご想像通りだったようです。

 さてここで大切な教訓です。ゴルフラウンド後にキャディさんは必ずクラブチェックを要求してきます。「早くシャワーを浴びたい!」「早くガソリン(ビールとも言う)を注入したい!」と我々は「クラブ本数をざっと確認する」程度で済ませてしまいます。高ぶる気持ちと乾いた喉を抑え、慌てず一呼吸置き、ヘッドカバーの中に愛用クラブの顔が見えるまでチェックすることをお勧めします。「当たり前を当たり前とは考えない」これで、次回のゴルフも安心して迎えられます。

 話を弊社ゴルフコンペに戻しましょう。今大会は3月19日、短い春を満喫すべく会場の桃園ゴルフクラブ(桃園市)に17名の参加者が集いました。

/date/2022/03/31/golf1_2.jpg桃園ゴルフクラブ 南1番ホールの噴水

スタートホールはパー6?

 桃園ゴルフクラブは40年以上の歴史ある名門コース、全27ホール(東、南、西各コース9ホール)構成です。1ラウンドは18ホールですので、使用しないコースもございます。どのコースを回るのかは当日の混雑次第となります。

 桃園ゴルフ場の名物といえば、東1番ホール。台湾で一番長い756ヤードパー6の超ロングホールです。朝一番でプレーをすることも多いこのコース。参加者からは「今日の成績はパー6次第だね」「朝一、マラソンホールだと疲れそうだよ」とあちらこちらで、ややネガティブな声。朝礼で筆者が開口一番「本日パー6ホール、ございません」。「おぉー、よかった」「今日はいいスコアが出そうだ!」と皆々突然ポジティブに。パー6がないと分かった後で「本当は挑戦したかったんだよね」と言う本音(?)もチラホラと。

 この日は南コースと西コースに分かれてスタートをします。南コースの1番は珍しくパー3。756ヤードから一転して130ヤードのショートホール。池越えとはなりますが、距離の短いチャンスホールです。体の動きがぎこちない朝一番、ミスができないショートホールでプレッシャーもかかります。

 結果は…南コーススタート9人の平均スコアは4。大きなミスをする方もおらず、無難なスタートを切ることができたようです。ちなみにこのホールは1オンすると、池の噴水が上がる仕掛けがあります。桃園ゴルフクラブの南コースをプレーする際は、力まずに1オンチャレンジを成功させ、噴水を打ち上げましょう。(ネタバラシとなりますが、噴水が上がるか上がらないかは実はキャディさん次第なのですが…)

大混戦!優勝の行方は…

 今大会は激戦でした。優勝から7位までが4打差に入っています。惜しくも優勝を逃したT氏やS氏からは「あー、あのミスがなければ…」と落胆の声。混戦を制したのはN社岩垂様です。2回目の優勝となる氏から喜びのコメントが届いております。

/date/2022/03/31/golf2_2.jpg優勝岩垂様(左)と弊社董事長の吉本

 「チャンスはあると思っていましたが、優勝はとても嬉しいです。ハンディに恵まれたことに加え、春の心地よい天気やメンバーに恵まれたことで、2回目の優勝をすることが出来ました。ワイズ杯ゴルフコンペは台湾駐在当初から参加しています。普段接しない業界や職種の方と多様な情報交換ができ、人脈やネットワークを広げる場としても楽しみにしています。この会の参加を通して皆さんから学べることも多いので、勝敗にかかわらず次回以降も参加させていただこうと思います」

 岩垂様、優勝おめでとうございます。優勝コメントはやや硬めの内容ですが、表彰式席上では普段通り、明るくお茶目な岩垂様でした。

 さて、次回第148回大会は4月16日(土)八里ゴルフ場での開催となります。第149回大会は5月21日(土)長庚ゴルフ場での開催を予定しています。続く6月は第150回記念大会とし、普段とは違った趣向での開催を予定しています。ワイズニュース読者の皆さま、参加してみませんか?

 ご希望の方は、ワイズコンサルティング(info@ys-consulting.com)までお問い合わせください。過去の大会情報はこちらでも確認できます。

ワイズ杯ゴルフレポート
https://www.ys-consulting.com.tw/column/l/63/

ワイズ杯ゴルフコンペ
第147回大会 桃園ゴルフ場
2022年3月19日(土)
優勝  N社 岩垂様 ネット71
準優勝 M社 堤様  ネット72
第3位 R社 下郷様 ネット72
(準優勝と3位はハンディ差による)

佐藤豪紀

佐藤豪紀

コンサルタント

大手企業の副総経理を経て、豊富な経験から経営者の気持ちを察するコンサルティングを展開、営業の部門長も務めます。

ワイズ杯ゴルフレポート

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。