ワイズコンサルティング・グループ

HOME サービス紹介 コラム 会社概要 採用情報 お問い合わせ

コンサルティング リサーチ セミナー 在台日本人にPR 経済ニュース 労務顧問会員

第143回大会 台湾ゴルフの名物ホールを克服したか?/台湾


コラム 台湾事情 作成日:2021年12月2日

ワイズ杯ゴルフレポート

第143回大会 台湾ゴルフの名物ホールを克服したか?/台湾

記事番号:T00099863

 師走を迎え、本年もたくさんの感謝(皆さん、ありがとう!)や反省(多くのミスショット)を振り返る時期。とは言うものの、台湾でのお正月は農暦(旧暦)でお祝いしますので来年は2月1日。日本的な表現ですと、2カ月間走り続けなければいけません。

 皆さま、こんにちは。ワイズコンサルティング佐藤でございます。今年のゴルフを振り返ると、何と言っても新型コロナウイルス防疫レベル3の影響による間断期間を避けては通れません。先行き見えない2カ月間。コース・練習場とも閉鎖となり、クラブを握ることもなくゴルフ断ちをしておりました。その後、コースは再開したものの、マスク着用・シャワー不可・カート制限という悪条件。これらの期間を思い返すと、制限無くゴルフができる現状には(スコアは別として)感謝と満足をしています。この気持ちを忘れることなく、来るべき2022年に向け(スコアを主にした)対策を考えていく時期でございます。今月も何度かラウンドをする予定ですので、この期間に改めて課題(スコア向上に向けた…)を抽出し、解決策を考えます。

 さて、2022年に向けた対策を考えるのはゴルフに限ったことではございません。まずはビジネス面での対策が優先ですね。その中でもこの年末年始に話題となるのが「労務問題」。弊社ワイズコンサルティングでは「労務問題」にスポット を当て「2022年に向けた労務対策セミナー」を来たる12月16日(木)に開催いたします。内容的には「賞与」「離職」「労働条件」とまさに今、気になる情報が盛りだくさんとなっております。テーマに即した事前アンケートも行っております。詳細は下記のリンクからご確認ください。

「2022年に向けた労務対策セミナー」
https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/99619.html

 なお、本セミナーはゴルフスコア向上への課題解決セミナーではございません。何卒ご容赦願います。

桃園名物!超・超ロングホール

 さて、11月大会でございますが、会場は桃園ゴルフ場。16名による大会となりました。何度か取り上げておりますのでご存じの方も多いと存じます。桃園ゴルフ場の名物ホールといえば東コース1番ホール、736ヤードのパー6。超・超ロングホールでございます。ロングホールといえば一般的にはパー5です。パー5ですと高雄にある信誼ゴルフ場には622ヤードというロングホールがあります。しかしながら距離の長さでは736ヤードの桃園東1番ホール。規定打数も1打付与されてパー6。その上、OBゾーン・見えない池・グリーン周りのバンカーが巧みに配置されており、このホールの克服が桃園ゴルフ場攻略の鍵となります。

/date/2021/12/02/20golf3_2.jpg736ヤードもある超・超ロングホール

 距離には自信のない筆者ですと、ティーショットを含め距離の出るクラブを3回連続ナイスショットしてもまだまだ距離が残ります。この日の筆者、距離を出すクラブがなかなか調子良い状態。その理由は友人S氏に借りている5番ウッド。クラブの性能にようやく私のスイングがなじんできたからでしょう。 まずはドライバー。安全にフェアウェーをキープ。第2打目・第3打目はS氏5番ウッドで連続ナイスショット。距離を大きく稼ぎます。残りは80ヤード。ここまでミスはありません。ここから3打でクリアできればパー。ようやく超・超ロングホール克服の兆しが見え始めました。距離を合わせる第4打。慎重に…「あっ(><)ミスったぁ」いわゆるザックリが出てしまいました。

 気を取り直し、第5打で2メートルの距離に寄せます。まだチャンスは残っています。この2メートルを決めたら、念願のパー。周りからは「目をつむっても入るよ」と冷やかされます。慎重に、慎重に…「あぁっ(><)」克服ならずのボギー(7打)でした。残念。

 この後、なじんできている5番ウッドをS氏から破格のお値段で譲り受け、「Sさん、2メートルが入るパットを貸してくれませんか?」今は私のゴルフバッグにS氏から借りたパターが出番を待ち構えています。

3回目の優勝!

 今大会の優勝はC社石井様。通算3回目のワイズ杯優勝です。石井様の優勝コメントを紹介いたします。

/date/2021/12/02/20golf1_2.jpg優勝の石井様

 「久しぶりに訪れた桃園ゴルフ場。運悪く、名物の東1番736ヤードパー6からのスタートでした。朝一からの超ロングコースに苦労しながらグリーンへたどり着くと、同組で見事なダイヤモンドチップイン。同組メンバーの好調さに引っ張られ、最終ホールまで切磋琢磨、楽しく競いあったことが今回の優勝につながったと感じています。メンバーに感謝であります。異業種間での情報交換も非常に参考になることが多いワイズ杯、来年も優勝狙って頑張ります!」

 石井様、優勝おめでとうございます!来年もよろしくお願いします。

 次回、第144回大会は12月18日(土)旭陽ゴルフ場(新竹県)での開催です。ワイズニュース読者の皆さま、参加してみませんか?ご希望の方は、ワイズコンサルティング(info@ys-consulting.com)までお問い合わせください。過去の大会情報はこちらでも確認できます。

ワイズ杯ゴルフレポート
https://www.ys-consulting.com.tw/column/l/63/

ワイズ杯ゴルフコンペ
第143回大会 桃園ゴルフ場
2021年11月20日(土)
天候 晴
優勝  C社 石井様 ネット74
準優勝 A社 内海様 ネット76

佐藤豪紀

佐藤豪紀

コンサルタント

大手企業の副総経理を経て、豊富な経験から経営者の気持ちを察するコンサルティングを展開、営業の部門長も務めます。

ワイズ杯ゴルフレポート

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。