第7回 台湾でも日本語でカラオケ熱唱!


コラム 台湾事情 作成日:2010年12月20日

陳小姐的台湾トレンド情報2

第7回 台湾でも日本語でカラオケ熱唱!

記事番号:T00027275

 もうすぐ年末ですね!年末と言えば、クリスマス、年越し…楽しいイベントがいっぱいありますね。

 皆さまはいつもどのように過ごしていますか?私はいつも友達とイベントに参加したり、カラオケに行ってパーティーを開いたりしています。

 「台湾でカラオケなんて行かないよ!俺、中国語の歌なんて歌えねぇしー」と思った方もいらっしゃると思います。そこで今回は、台北市にある日本語の歌が中心のカラオケ屋さんを紹介します!

カラオケの日台比較

 まずは台湾と日本のカラオケの違いをご説明しましょう。台湾のカラオケは、日本のようにマラカスなどの楽器は用意されていません。ですが、料金は日本と比べると相当安いと思います。台湾の若者の間では、「夜唱」(夜の11〜12時から翌朝6時まで、オールナイトで熱唱すること)が、大学生になったら経験すべきことの一つと考えられています。

 夜遅くまで外で遊んでいられる「自由」を得たということもありますが、何より夜11時から翌朝6時までの料金が最も安いのが最大の理由なのでしょう。

 とはいえ、台湾で有名なカラオケボックスの「銭櫃(キャッシュボックス)」や「好楽迪(ホリデー)」には、日本語の曲がとても少ないので、「行っても歌えない、聞いたことのない歌ばかりで全然面白くない!」と思った方も多いことでしょう。そんな方は、ご注目ください。台北には今、日韓の曲を中心としたカラオケが2軒もあります!しかもクラブではなく、家族連れでも安心して行けるお店です。早速ご紹介しましょう。

【青春譜】

 若者がターゲットで、カラオケルームとオープンスペースから選択できます。

 毎週、新しい曲が追加されるのが魅力。今やWi-Fi通信も利用可能です。

http://www.seisyunhu.com/

行き方はこちら→
http://www.seisyunhu.com/contact

【EST依斯特日韓音楽中心】

 西門町と師範大学の近くに2店あります。日本、韓国の曲が完備されています!韓流ブームの方にもお勧めです。

http://estkara.com/

行き方はこちら→
http://estkara.com/?page_id=8

 実はウェブサイト上には師大店(師範大学近くの店舗)の地図がありません。なぜかというと、お店が路地の中にあるので、地図があってもお店にたどり着けない人が続出し、このためお客から電話で問い合わせ(0970−263−332)を受けた際に口頭で説明することにしたそうです。なんて優しい心遣い!日本語でも対応できるそうですので、ご心配は無用です。

 台湾でもカラオケが熱唱できるのであれば、今年の年末の楽しみの一つとなるのではないでしょうか。これからは「歌いたくなった」という言い訳でクラブに行けませんね!(笑)

ワイズコンサルティング 陳 美璇

陳小姐的台湾トレンド情報2

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。