《新型肺炎》第3回 テレワーク、マスク不要でリラックス勤務?


コラム 台湾事情 作成日:2020年3月3日

テレワーク経験談

《新型肺炎》第3回 テレワーク、マスク不要でリラックス勤務?

記事番号:T00088626

 新型コロナウイルス感染が広まる日本で、時差通勤やテレワーク(リモートワーク)が急速に広がる中、台湾拠点ではいかがでしょうか。

 感染予防のため、ワイズニュース編集部(メディア部)は一足早く2月4日から、テレワークを開始いたしました。リモートワーク、在宅勤務、自宅勤務…、呼び方はいろいろありますが、業種や職種が違えど、少しでも参考になれば幸いです。

自宅で孤独なトラブル

 テレワーク導入2週目は、筆者と新入社員2人がテレワークの番。

 準備万全だったはずが、筆者はいきなりトラブル発生。会社から持ち帰ったMacBook Airにインターネットが瞬間的にしか接続しません。再起動しても状況は変わらず、中華電信に電話してもインターネットは正常ですとつれない回答。「経済ニュースは鮮度が命」をモットーに、在台日系企業の経営者・駐在員の皆さまのビジネスや取引先、台湾人部下との会話に役立てていただくため、当日朝刊の報道内容を当日夕方に配信するワイズニュース編集部では、少しの時間のロスも命取りです。

 時節柄、Wi−Fiが使える喫茶店に逃げ込むわけにいかず、半泣きになりながら、ふと個人のノートパソコンで試してみると、無事にインターネットに接続できました。オフィスにいれば、同僚や管理部のアドバイスが受けられますが、テレワークだとまさに「咳(せき)をしても一人」。会社や同僚のありがたみを感じた一コマでした。

在宅のメリット・デメリット

 テレワークのメリットといえば、始業ギリギリまで眠れること。ところが、《新型肺炎》関連ニュースが飛び交う緊張感から、いつも通り午前5時台に目が覚めてしまいました。とはいえ、午前7時の始業までゆっくり朝食を取りつつニュースを眺め、肩の凝らないラフな格好で働けるのはテレワークの特権。気兼ねなく気温調節したり、貴重なマスクを消費せず、息苦しくないのも正直うれしいところ。

 一方、通勤という行為でオンオフの切り替えができず、オフィスで同僚とおしゃべりして気分転換したり、帰りに寄り道をする楽しさはなくなります。通常は1日5,000~7,000歩歩いているのですが、テレワークの日は1,000歩以下!自炊中心といえど、飲み物もおやつも食べ放題。これ以上太らないうちに早く《新型肺炎》が収束してほしいものです。

食べ放題サボり放題?

 サボろうと思えばいくらでもサボれそうなテレワークを編集部が命じられたのは、会社の厚い信頼を得ているから。ではなく、ワイズニュースという成果物(アウトプット)を全社員、そして数百社の読者の皆さまにお見せしているからだとか。

 「自宅だとモチベーション下がるんじゃない?」と聞かれますが、《新型肺炎》関連の重要ニュースが山のよう。テレワークで作業手順が増えても当日夕方配信に間に合わせるため、毎日必死でサボる暇なし。入社間もないメンバーの「台湾のニュースに毎日いち早く触れられてうれしい」との声にテンションも上がります。

 え、ニュースが少ないとサボるでしょうって?では今後もしっかり監視(ご愛読)お願いいたします!

●ワイズニュースの豆知識
 ワイズサイト右側にある人気記事ランキング(PDF閲覧数は除く)も編集部のモチベーションの源です。
https://www.ys-consulting.com.tw/service/news/index.html

青木樹理

青木樹理

ワイズメディア

日本、台湾での金融機関勤務を経て、ワイズニュース創刊年の2007年に入社。副編集長を経て20年より編集長。台湾経済・産業の動向を分かりやすくお伝えするため、台湾社会をウオッチしながら生活しています。

テレワーク経験談

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。