法規解釈

労務記事検索

カテゴリを選ぶ(複数可)
フリーワード検索

労務顧問 人事労務 労務顧問会員 作成日:2017年1月4日

法規解釈
労働者保険金額の修正(20170101施行)

発令単位:労動部 発令番号:労動保 2 字第 1050140619 号 発令日付:2016 年 11 月 3 日 出典:労動部 行政院公報 第22卷206期 関連法律:労工保険 …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 労務顧問会員 作成日:2016年11月17日

法規解釈
通算しない育児休職期間中の保険料が政府負担(20161201施行)

発令単位:労動部 発令番号:労動条 4 字第 1050132607 号 発令日付:2016 年 11 月 08 日 出典:労動部 関連法律:男女雇用平等法 第 16 條(105 …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 労務顧問会員 作成日:2016年10月7日

法規解釈 休暇
連続6日超の勤務禁止(161001施行)※2018年2月27日に適用廃止

※当解釈令は、2018年2月27日に廃止となりました。   発令単位:労働部 発令番号:労働条3字第1050132134号 発令日付:2016年09月10日 出典:労働部 …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 労務顧問会員 作成日:2016年7月12日

法規解釈 労働時間
移動時間は勤務時間に含むべきか?

研修・出張など用務先への移動は勤務時間に含むべきか? ◎行政院労工委員会78年6月3日台(78)労動2字第13366号解釈令 「従業員が会社の命令を受けて出張や訓練のためにかかる往復時間を …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 労務顧問会員 作成日:2016年7月8日

法規解釈 休暇
6日連続勤務後に1日休息が必要

労働部は29日に內政部民國75年「台內勞字第398001號函釋」の解釈令の廃止・公布した。 これにより8月1日から労働者は6日連続勤務後に1日休息が必要で、7日連続勤務は違法となり、状況に応じて …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 労務顧問会員 作成日:2016年7月7日

法規解釈
社員の社内喧嘩は労災か?

社員の社内喧嘩は労災か? ◎行政院労工委員會85年1月13日台(85)労安三字第147416函(日本語訳) 従業員は勤務期間中に同僚と揉めごとが発生し、殴られて負傷した場合、もしその怪我は …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 労務顧問会員 作成日:2016年1月13日

法規解釈 労働時間
遅刻は労働時間に含めるべきか

 労働者が遅刻をした際、遅刻した時間について雇用主が独断で規定を設け休暇申請で処理してはならず、給与からの天引きか或いは事故休暇(事假)として処理するかいずれの場合も、勤務時間の延長を計算する上で、遅 …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 労務顧問会員 作成日:2015年12月25日

法規解釈 休暇
家族介護休暇の賃金と日数の解釈について

 ◎労働部 2015年12月9日 勞動条 2 字第 1040132503 号 男女雇用平等法第20条で定める、家族介護休暇の賃金と日数は、労働基準法第2条第4款で定める平均賃金と労働日数に算入し …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 労務顧問会員 作成日:2015年12月15日

法規解釈 休暇
性別工作平等法第 20 条における家族の定義は、民法第1123条に定める家族とする

 ◎労働部2015年11月26日 勞動條 4 字第 1040132317 号  性別工作平等法第20条で「被雇用者自らが家族の介護を行う際、家族介護休暇を申請することができる」としている。対象と …… 続きを読む

労務顧問 労務顧問会員 作成日:2015年12月3日

法規解釈 賃金
労働基準法第84条-1条における最低賃金2万5511元に引き上げ

◎2015年11月2日労動条第2字第1040132228号函月額報酬制における労働者が労働基準法第84-1条に適用する場合の基本賃金計算修正について一、月額報酬制における労働者が労働基準法第84-1条 …… 続きを読む

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。