行政院労工委員会2009年8月19日労動4字第0980022279号より 労働基準法第11条(予告解雇の条件)または労働基準法第14条(無予告辞職の条件)の規定に基づき労働契約を終える場 合、定年退職 ……
行政院労工委員会2012年4月9日労職管字第1010504602号より 「外国人就業サービス法第46条第1項第1款から第6款の職業に従事する際の資格および審査基準」により、外国人が仕事を引き受ける際、 ……
株式会社(股份有限公司)、有限会社(有限公司)の最低資本総額の定めは、 会社法(公司法)の第100条第2項並びに第156条第3項に規定されています。 <会社法> 第100条 第2項 有限会 ……
 入社内定者が、入社手続きのため会社を往復する途中、事故に遭い、傷害を負った場合の措置(労災扱い)について、行政院労工委員会から、次の通り公告が出ています。  この場合、会社が該当内定者に対して ……
 従業員に対する、年次有給休暇付与の規定は、労働基準法第38条に定められています。  但し、短時間労働者や、所定労働時間が定まっていないパートタイマーに対する、年次有給休暇の取扱いについては、「 ……
 労働者が時間外労働を行った場合、会社は法定基準の割増賃金を支給しなければなりません(労働基準法第24条)。 しかし、時間外労働の算定単位(例:1時間単位、30分単位、15分単位等)や、或いは、 ……
 2007年12月19日付、立法院を通過した「両性工作平等法(=男女雇用平等法)」の法改正案は、 2008年月1月16日付政府公布(華總義一字第09700003951号令)に基づき正式に施行され、発 ……
 労働者が、定年退職の「発効日前」に死亡した場合、その退職金の支払いは、どのように取扱うべきであるか? これに対し、以下の解釈令が出ている。  労働基準法第53条の規定に依り、労働者が雇用者に ……
 2007年12月19日、立法院にて「両性工作平等法(=男女雇用平等法)」の改正法案が可決されました。 当該法名称の変更(「性別工作平等法」)を含む、今回改正法案の概要を以下表にまとめました。 ……
労働基準法(第30条、第30の1条)に基づく、台湾の「変形労働時間制」は以下の通り。 ファイルをダウンロードしてくださいT000033971.pdf ……
31 to 40 of 149.