法規解釈

労務記事検索

カテゴリを選ぶ(複数可)
フリーワード検索

2007年9月26日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

忌引き休暇取得に関する解釈令

労働者の忌引き休暇における取得可能日数は、「労働者休暇規則(労工請假規則)」に以下の通り規定されています。 1. 父母、養父母、継父母、配偶者が亡くなった場合:8日取得可能 2. 祖父母、 …… 続きを読む

2007年9月7日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

職工福利金の支出範囲と比率

 職工福利金条例(従業員福利費条例)に基づき、職工福利金積立を実施している場合の、当該職工福利金の支出範囲、項目及び比率について、労工委員会より以下の解釈令が出ている。 「職工福利金支出範囲、項 …… 続きを読む

2007年8月29日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

定年退職の条件と年齢定義

定年退職の法定条件は、以下の通りである。 ◎労働者自身による定年退職(労働基準法 第53条) 1. 勤続15年以上で年齢が満55 才に達した者。 2. 勤続25年以上の者。 …… 続きを読む

2007年8月20日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

出勤時の交通機関遅延による、遅刻の取扱い

 出退勤用の交通手段(社用バス等)を、備えていない事業単位において、従業員が、各々の交通手段(※1)で出勤した途中、従業員自身に帰属しない事由(交通機関の遅延等)により遅刻した場合、原則、雇用者はそれ …… 続きを読む

2007年8月16日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

従業員が再婚する際の、結婚休暇の取扱い

 労働者休暇規則(労工請假規則)第2条に、「労働者が結婚する際、結婚休暇を8日与え、賃金は通常通り支給する」との定めがある。 では、労働者が再婚する場合は、どう取り扱うべきであるか? これ …… 続きを読む

2007年7月30日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

職工福利金(従業員福利費)積立が必須の企業

 職工福利金条例(従業員福利費条例)の第1条第1項に「全ての公私営の工場、鉱山、また『その他企業組織』は、職工福利金の積立を行い、従業員の福利事業に取組まなければならない」と定められている。   …… 続きを読む

2007年7月27日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

未消化の年次有給休暇の取扱い

 労働基準法施行細則第24条第3号に、「当年度終了或いは、労働契約終了により未消化となった年次有給休暇(特別休暇)について、雇用者は、その未消化の休暇日数分を賃金として支給しなければならない」との定め …… 続きを読む

2006年11月9日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

退職金新制度適用者の強制(定年)退職基準

行政院労工委員会2006年3月15日労働4字第0950008016号令 要旨:労働者退職金条例に基づく退職金制度(新制度)を適用する労働者が、労働基準法第54条の「強制(定年)退職」規定条件に符 …… 続きを読む

2006年10月23日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

解雇予告期間における「求職休暇」取得日数について

行政院労工委員会2006年10月19日 公告 雇用者より解雇予告を受けた労働者は、予告期間中、就業の為の「求職休暇」を取得できる。 当該休暇の申請取得は、週に2日を上限とし、その間雇用者 …… 続きを読む

2006年9月28日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

労働基準法第84条の1 適用職業

労働基準法第84条の1 適用職業一覧 (行政院労工委員会公告 2010/4/9 現在) *PDFファイルをダウンロードしてください T000005711.pdf 適用職業:「12. 医療保険サー …… 続きを読む