職場では、意見の違いから、上司と部下の間で言い争いやけんかが起きることは珍しくありません。そんなとき、怒りの感情が抑えきれず、つい「辞めます!」と口にしてしまうこともあるかもしれません。 ……
   人材流失の防止は企業にとって常に重要な課題です。しかし、人材流失の防止策として、最低限の勤務期間を契約で定めることは有効なのでしょうか?今回は以下のような判例を紹介いたします。 【係争事 ……
   今回は、不景気で話題になっている「赤字と業務縮小による解雇」をめぐる判例を紹介します。 【係争事由】雇用関係の確認 【裁判所】台北地方法院 【判決日】2004年1月13日 【原告】 ……
   今回も前回に引き続き、労使間で約束のあった、賞与支給をめぐるトラブルについての判例を紹介します。  前回は「賞与支給は支給日に在職していること」という条件が会社の「給与管理方法」に明記さ ……
   前回は「年末賞与は賃金ではないため、赤字を理由に支給しなくてもいい」という判例を紹介いたしました。今回からは2回にわたり、雇用主と従業員の間で年間給与についての約束があった場合での、賞与支給を ……
   今回も前回に引き続き、減給に関する判例を紹介したいと思います。今回はどんな問題でしょうか。一緒に見ていきましょう。 【係争事由】賃金支給 【裁判所】台北地方法院 【判決日】2003年 ……
   退職金支給と同様、賃金支給も非常に労使争議の対象になりやすく、裁判件数でも上位3位以内に入ります。特に減給に関する問題は従業員の関心も高いといえます。よって今回は減給に関する判例を紹介致します ……
   前回は労働基準法第12条の「会社が社員を無予告解雇できる条件」を紹介しましたが、その中に「四.労働契約又は就業規則に違反し、経緯が重大な場合」との内容があり、今回はこの条款に関する判例を紹介し ……
   連載第2回目の今回も、前回に引き続き退職金給付に関係した判例をご紹介します。一緒に見ていきましょう。 【係争事由】退職金給付 【裁判所】台北地方法院 【判決日】2003年7月28日 ……
   今回から、日系企業の皆さまの関心が強い台湾の労務事情について、実際の労使争議を扱った裁判の判例を通じて学んでいくという内容の連載をスタートします。担当の劉馨婷です。よろしくお願い致します。第1 ……
91 to 100 of 100.