判例

労務記事検索

カテゴリを選ぶ(複数可)
フリーワード検索

労務顧問 労務顧問会員 作成日:2011年1月18日

判例
第42回 外国人の無償労働は不法雇用になるのか?

 外国人の就労について、就業服務法(就業サービス法)第43条では、「本法に別段の規定がある以外、外国人は雇用者の許可申請無しに中華民国で就労してはならない」と規定されています。また、同法第44条では「 …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 労務顧問会員 作成日:2011年1月4日

判例
第41回 「兵役期間」は勤続年数に算定されるか?

 今回は、旧制度の退職金支給において、支給基準となる勤続年数と賃金の算定方法について争われた判例をご紹介いたします。 【係争事由】退職金の支給 【裁判所】台中地方法院 【判決日】2010年9月2 …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 台湾事情 労務顧問会員 作成日:2010年12月17日

判例
第40回 「固定賞与」の支給は会社が決めてもよいのか?

 今年も残すところあとわずかとなり、台湾では旧正月前に年末賞与(年終奨金)を支給する時期も近づいて参りました。日本同様、年末賞与とは雇用主による社員へのねぎらいや激励のために支給される恩恵的なものです …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 台湾事情 労務顧問会員 作成日:2010年11月19日

判例 採用/解雇
第39回 「事業の性質の変更」による予告解雇の妥当性は?

   労働基準法第11条第4項の予告解雇の条件の一つに、「事業の性質の変更によって人員数を削減する必要があり、かつ適当な業務がなく、配置換えができない場合」という項目があります。しかし「事業の性質の …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 台湾事情 労務顧問会員 作成日:2010年10月22日

判例 採用/解雇
第38回 財務困難を理由とした解雇手当の減額は可能か?

   労働基準法第11条第1項では「廃業の場合、雇用者は労働者を解雇できる」と規定されています。しかしその時の財務状況によっては、解雇手当を全額支払うことが難しい場合もあるでしょう。解雇手当の減額は …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 台湾事情 労務顧問会員 作成日:2010年9月24日

判例 賃金
第37回 「賞与」は保険料算定基準となる経常性賃金に含まれるのか?

   実際の労使争議を扱った裁判の判例を通じて学ぶコラム、「労務判例ノート」は、今回より佐々木緑が担当を引き継ぐこととなりました。今後とも末永くお付き合いいただけますようお願いいたします。   …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 台湾事情 労務顧問会員 作成日:2010年7月30日

判例 賃金
第36回 残業代の代わりに勤務手当を支給しても問題ないか?

   従業員に対する残業代の支払いで、残業時間に従ってではなく、定額の手当のみを支給する会社もあるでしょう。今回は従業員に責任制(法定の労働時間や休暇の制限を受けない特定の労働者に対し適用する労働制 …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 台湾事情 労務顧問会員 作成日:2010年7月16日

判例 労働時間/休暇
第35回 年次有給休暇の申請は却下できるか?

   台湾の休暇は、日本より種類がやや多いようです。今回は年次有給休暇の申請が認められず、無断欠勤扱いとなり、解雇された従業員の判例を通じて、台湾の休暇についてご紹介します。 【係争事由】解雇 …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 労務顧問会員 作成日:2010年6月18日

判例 退職金
第34回 「おまえはごみ」は退職理由になるか

   部下を指導する際、怒りを抑えられずつい汚い言葉を口にしてしまうこともあるでしょう。今回は、上司のそのような発言が、部下が予告なく退職(無予告退職)できる理由となる重大な侮辱行為に該当するかどう …… 続きを読む

労務顧問 人事労務 労務顧問会員 作成日:2010年5月21日

判例 賃金
第33回 降格に伴う減給に問題はないか

   今回は管理職から一般職に降格された人事で、降格に伴う減給の妥当性をめぐって争われた判例をご紹介いたします。 【係争事由】解雇手当支給 【裁判所】台湾雲林地方法院 【判決日】2007年 …… 続きを読む

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。