ワイズコンサルティング・グループ

HOME サービス紹介 コラム 会社概要 採用情報 お問い合わせ

コンサルティング リサーチ セミナー 在台日本人にPR 経済ニュース 労務顧問会員

【ビジネス情報局】本当は恐いコンプラ


コラム 経営 作成日:2014年8月28日

台湾ビジネス情報局

【ビジネス情報局】本当は恐いコンプラ

記事番号:T00052372

●コンプライアンスの落とし穴

 

 今年営業副主任に昇格した島袋君との会話…

 

島袋:お客様に「うちはコンプラに力を入れているよ」とよく聞きますが、コンプライアンス(法令遵守)ってそんなに重要なのですか?

吉本:経営者は売上が下がっても、赤字になっても直ぐにはクビにならないけれど、重大なコンプラ違反があると、即クビに成りかねないのだよ。

島袋:なるほど~@_@、それは経営者にとって恐いですね。

吉本:ちなみに私の経験では「コンプラに力を入れている」っと言っている企業に限って、知らずに法律違反となっていることが多いのだよ。

島袋:「本社の内部監査を受けている」とよく聞きますけど…

吉本:監査に来る人が台湾の法律を熟知していると思う?

島袋:それは無理でしょう。

吉本:おかしな話しだが、法律違反があっても本社のコンプラ監査では見つからないのさ。

島袋:経営者からすると監査を受けているのだから問題ないと安心してしまいますね。

 

 

●コンプライアンスとCSRの違い

 

島袋:最近CSR(企業の社会的責任)という言葉もよく聞きますが、コンプラとどこが違うのですか?

 

吉本:わが社で例えると、ワイズは情報管理が重要な会社だから個人情報保護法や営業秘密法の対策がコンプラになる。

 

島袋:それはわかりますd(^_^o

 

吉本:お客様から重要な情報を預かっているので、それが漏洩しない様にISO27001(情報管理の国際認定資格)を取得し、管理をしっかりするのがCSRさ。

 

島袋:つまり、CSRは法律で定められていない事まで、しっかりやるという意味ですね。

 

吉本:ま、まあ~、大体そんなところだ(;^_^A

 

●セミナーのご案内

     9月26日(金曜日)開催

    〜在台日系企業を徹底調査!〜

「日系企業の経営課題とコンプライアンス」

 

 第1講〜在台日系企業の経営課題を独自調査〜

 「経営課題から考える2015年の経営重点」

 講師:ワイズコンサルティング 代表 吉本康志

 

 第2講〜コンプライアンスはここが問題!〜 

 「在台日系企業のコンプライアンス調査と対策」

 講師:黒田法律事務所 代表弁護士 黒田健二氏

 

詳細はコチラをクリック↓

www.ys-consulting.com.tw/seminar/52237.html

 

 

 

 

吉本康志

吉本康志

Executive Consultant

日本の大手コンサルティングファームの駐在員として台湾駐在、1996年11月にワイズコンサルティングを設立。経営者としてコンサルタントとして男としてもまだまだ成長中。

台湾ビジネス情報局

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。