Karte6:薬局チェーンの売上向上策②


コラム 経営 2008年3月19日

コンサルタントの企業カルテ 小売売上向上策

Karte6:薬局チェーンの売上向上策②

記事番号:T00006204

 
 長年お付き合いしている林さんは、台湾で25店舗の薬局チェーンR薬局を夫婦で経営していた。店舗改装に伴い、新しいコンセプトの店をつくりたいとのことだったので、「店舗診断」を行い、本店の新コンセプトを見つけることになった。

●店舗診断

 林さん夫妻の経営するR薬局は、もともと現在の本店の一部を借り、夫婦2人で起業したチェーン店だった。ここまで成長した要因は以下の通りだ。

1.立地戦略
 病院の前や今後発展しそうな場所に出店し、商圏自体が発展した

2.企業努力
 店舗サービススタッフの増員、2カ月に1度の定期的販促などを行い、固定客づくりに励んでおり、8割は固定客が占めていた

3.競合店の怠慢経営
 競合店は、基礎化粧品や健康食品などの新しい分野には消極的
T000062041

 
 R薬局本店の立地は、前に病院があるため、100メートル以内に7件の競合店が軒を連ねていた。また、隣にはコンビニが、50メートル先にはスーパーがある激戦区だった。

 R薬局本店の売り場面積は25坪で(他店も同じ)、カテゴリーとしては、薬品、保健食品、医療器材、生活雑貨、化粧品、ベビー用品を持っていた。

 各カテゴリーにおける売り上げ構成比と棚数は以下の通り。
T000062042

 
 また林夫妻が考える今後の発展の方向性は、

1.薬品・保健、保養品、ベビー用品の3本柱。

2.生活雑貨、医療器材の可能性の模索も検討。

3.ただし、医療器材は付近に競合店があり、利益率を維持したまま売り上げを増やしたい。

4.今までの成功体験に倣い、何か新しいカテゴリーを追加したい。

とのことだった。

 商圏人口が増えずに、競合店が増えている状態で、どうやって売り上げを伸ばす仕組みをつくるかが、最大のテーマだった。

③につづく


ワイズコンサルティング 吉本康志

※本コラムは事実を基にしていますが、複数の事例を交えてストーリーを展開していますので、個人及び団体が特定できないようにしています。

コンサルタントの企業カルテ小売売上向上策

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。