コラム

記事番号:T00082964
2019年4月12日15:50

 コラム「実食!ぐるぽ」は、皆さんに贈る、台北のおいしいお店情報です。ぜひ行ってみてくださいね。

台北グルメポータル「ぐるぽ」
https://gurupo.tw

高級住宅街から歓楽街へ

 台北の日本人駐在員はよくご存じの林森北路の「◯条通」は、日本統治時代は「大正町」と呼ばれる高級住宅街でした。現在は日本式の居酒屋やクラブなどが並ぶ歓楽街となっています。それでも夜の一人歩きでも安全で、一人飲みや、一人ご飯にぴったりのおいしい店がたくさんあります。

 今回は私もよく利用する居酒屋「焼酎Bar 五右衛門」をご紹介します。

/date/2019/04/12/gurupo_2.jpg

ナポリタンは家庭料理?

 五右衛門は、林森北路六条通で2006年9月にオープンしました。「日替わり料理・うまい酒(焼酎・日本酒・泡盛)」がコンセプトで、日本の家庭料理が楽しめます。

 家庭料理は日本でいえば「おふくろの味」ですね。私は日本人ではありませんが、おふくろの味に勝るものなし!と思っています。

 今回お店の人気メニュー、鉄板ナポリタンを食べました!

/date/2019/04/12/20grupo3_2.jpg鉄板ナポリタン

 アツアツのステーキ皿にナポリタンを盛り、溶き卵を縁から流し込むことでさらに保温力をUP。

 そもそも洋食だと思っていたナポリタンは家庭料理だったの!?調べたところ、第2次世界大戦後にGHQ(連合国軍総司令部)に接収されていた横浜の「ホテルニューグランド」で、トマトソースで作った「スパゲティ・ナポリタン」が登場。明太子パスタや納豆パスタなど、日本で生まれたパスタ料理は数多くありますが、その元祖ともいえるのがナポリタンだそうです。

お酒の品ぞろえが豊富

 お酒はもちろん焼酎がメインですが、ビールやサワー、ハイボール、日本酒も豊富に取りそろえてあり、通常100種類以上あります。この店のそばに住めると幸せですね。(笑)

/date/2019/04/12/20grupo1_2.jpg五右衛門で提供するお酒の例。棚にもずらりと酒瓶が並びます

 食べたいお料理に合わせてお酒を選ぶのも楽しいです。仕事帰りに居酒屋で一杯やるときは、ぜひ五右衛門に行ってみてくださいね。

落ち着いた和の雰囲気

 五右衛門のスタッフは全員女性で、中国語が話せなくても安心して楽しめます。店内は和の雰囲気で、ゆっくり落ち着けます。

/date/2019/04/12/20grupo4_2.jpg納豆といぶりがっこ

 調理師の資格を持っているオーナーの香織さんと私は旧知の仲なので、週に1回は五右衛門に通っています。よく頼むのは納豆、いぶりがっこ(いぶり漬け)、鮎の塩焼き、ビールで、それだけで最高の1日になります。

●焼酎Bar 五右衛門

林森で12年のカウンターがメインの居酒屋です。日本人女性が作るお惣菜と豊富なお酒。

/date/2019/04/12/20grupo2_2.jpg

電話:02-2563-6603
住所:台北市 林森北路107巷35号1F(六条通)
営業時間:18:00~2:00
個室(6名)あり、予約可、日本語OK、カード払い可

李佳容

李佳容

ワイズコンサルティング

2017年、ワイズコンサルティング入社。社長秘書、マーケティング、会計を主に担当。現在はコンサルタントのアシスタントも担い、経験を積んでいます。