コラム

記事番号:T00084576
2019年7月11日15:52

 7月に入り酷暑の日々が続いております。皆さま、体調を崩されてはおりませんか?夏バテや夏風邪で週末ゴルフの予定をキャンセルというのはもったいない話でございます。体調管理のほど、お気を付けください。

 さて、最近は当欄の読者より「毎月読んでいますよ!」「コース攻略に役立てていますよ!」とありがたいお言葉を頂く機会が増えております。お声掛けいただく方の多くはご自身でもゴルフをされているようですので、「次回ぜひご参加ください!」とお誘いしております。「いやぁ、まだコンペに参加する腕前ではないので…」「参加者は皆上手なのでしょう?足引っ張るだけだから…」ご謙遜なのか、なかなか重い腰を上げてもらえません。当ワイズ杯ゴルフコンペのモットーは「和気あいあい、気軽に楽しみ、ストレス発散」(字余り…)です。このコンペの存在を知っているだけではもったいないですよ!ぜひご参加いただき、ご自身で体感いただきたいと考えております。迷われている方はこちら(https://docs.google.com/forms/d/1sxXjG7NvKNmICg4Pi1-BFQdrBaGAXU_qbdnNLTdH7Sc/edit)をクリックいただくか、筆者佐藤(sato@ys-consulting.com)までお尋ねください。

 存在を知っているだけではもったいないといえば、ビジネスにおいても当てはまることがございます。そうです、財務諸表です。もったいないという話では済みませんね。会社経営上、避けては通れません。

 ワイズでは「1日でわかる!世界一わかりやすい!財務諸表の読み方」セミナーを来る7月30日(火)に開催いたします。こちらも同様に重い腰を上げ、ご参加いただければ、まさに「目からうろこ!」ビジネスにおける新たな世界が見えてまいります。勇気を持って下のリンクをクリックしてください。

1日でわかる!世界一わかりやすい!財務諸表の読み方セミナー
https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/84397.html

 ゴルフに財務諸表、両方ご参加いただいた方には特典を用意して…いるかもしれません。

パー6無しでも難易度MAX

 前段が長くなりました。6月開催の第114回大会は、桃園市の桃園ゴルフ場での開催でございました。当欄でも何度か取り上げた760ヤードパー6の超ロングホールで有名なコースです。参加の17名は、口々に「あのパー6を乗り切れば良いスコアが期待できるのだが…」「あのホールで10打とか打つと1日憂鬱(ゆううつ)だよ」と意識している様子です。

 キャディーマスター室で当日のコース確認を行います。今日は西コースと南コース。有名なパー6超ロングホールは東コースです。「良かった~。実は苦手なんだよね!」「せっかく桃園に来たのにもったいないなぁ」良くも悪くも皆さま意識されているのですね。この日は梅雨晴れ、前日まで降り続いた豪雨もわれわれの願いが通じたのか遠慮してくれています。

 「苦手パー6も無し、天気も良し。これは好スコアの予感がする」誰もがそう思いスタートです。しかし、コース上は前日までの豪雨の影響で「べちゃべちゃ」、フェアウエーのいたる所が「カジュアルウオーター」です。救済ドロップにふさわしい場所も無く、やむなくその場所から打ちますが、得てして余計な力が入ってしまい地面(の泥)を「ナイスショット」。ボールは「ナイスチョット」。「あ~!もったいない」このせりふを連発です。コース上では「急造の池!」までできており、パー6が無くてもこの日の桃園ゴルフ場の難易度はMAXであると実感したのでした。対処法は思い付かず、ひたすら地球(地面)を叩(たた)いた1日でございました。

/date/2019/07/11/20column1_2.jpg豪雨後の桃園ゴルフ場。急造の池が出現!

我慢のゴルフで久々の優勝!

 そんな劣悪コンディションの中、優勝の栄誉は1年ぶりに参戦したK事務所の佐田友様でございます。佐田友様の優勝コメントを紹介させていただきます。

 「このたびのワイズ杯で優勝できた理由として、同じ組でラウンドいただいたワイズの佐藤様、F社のN本様、F社のO熊様と終始なごやかにプレイできたことがまず挙げられます。それと金曜までの雨模様の天気とうって変わり、厳しめの日差しの中で大叩きせずに我慢のゴルフができたからではないかと考えております。

 今回、名物ホールのパー6を何とか攻略したいと考えていたのですが(実は6月初めにパー6に挑んだ際に14というダメダメな結果に終わっておりました)、今回は幸か不幸か、パー6のある東コースはラウンドせず、西と南コースで18ホールを回ることになったのも優勝の遠因だったかも…。

 ハンディが減ってしまったので、今後はかなり良いゴルフをしなければ、ワイズ杯での優勝が難しくなってしまいましたが、次回、参加できたときにも優勝目指して頑張りたいと思います。

/date/2019/07/11/20column2_2.jpg優勝した佐田友様(右)とワイズ代表の吉本(左)

 ワイズ杯はさまざまな業種、年代の方とゴルフや食事を通じて交流が深められるありがたい場ですので、今後も機会を見つけ、参加させていただきたいと思っております。皆さま、よろしくお願いいたします。最後になりますが、N本様、O熊様には渇いた喉を潤すビールをごちそうになり、ありがとうございました!!次回、ご一緒する際にはお返ししますね~(笑)」

 佐田友様、優勝おめでとうございます。スコアには「もったいない」ショットは無かったようですね!

 次回115回大会は7月20日(土)八里ゴルフ場(新北市)での開催。続く第116回大会は8月17日(土)幸福ゴルフ場(新北市)での開催です。

 ワイズニュース読者の皆さま、ぜひともワイズ杯ゴルフにご参加してみませんか?参加ご希望の方は、ワイズコンサルティング佐藤(sato@ys-consulting.com)までお問い合わせください。過去の大会情報はこちらでも確認できます。

https://www.ys-consulting.com.tw/column/l/63/

ワイズ杯ゴルフコンペ 第113回大会
桃園ゴルフクラブ
2019年6月15日(土)晴れ
参加17名

優勝  K事務所 佐田友様  ネット74
準優勝 N社OB 軽部様   ネット78

佐藤豪紀

佐藤豪紀

コンサルタント

大手企業の副総経理を経て、豊富な経験から経営者の気持ちを察するコンサルティングを展開、営業の部門長も務めます。