71話 第118回大会 全英チャンピオン、しぶこさん来台!


コラム 台湾事情 2019年11月14日

ワイズ杯ゴルフレポート

71話 第118回大会 全英チャンピオン、しぶこさん来台!

記事番号:T00086889

「彼女、テレビで見るより小さいねぇ」

「でも、スイングは豪快だ」

「そう!あの笑顔が見たかったんだよ」

 こんにちは。ワイズコンサルティング佐藤でございます。先の会話、分かりますよね?そうです。日本ゴルフ界のニューヒロイン、AIG全英女子オープンチャンピオン渋野日向子さん(通称しぶこさん)が台湾にやって来たのです。10月末より11月にかけて行われた米女子ツアー「スウィンギングスカート台湾選手権」参加のためです。

/date/2019/11/14/20golf1_2.jpgしぶこさん(右)。うつむき加減の笑顔をパチリ

 ミーハーな筆者はこのニューヒロインのプレーを一目見ようと、会場の美麗華ゴルフクラブ(新北市林口区)に押し掛けました。本来このコラムはワイズ杯ゴルフ参加レポートを掲載しておりますが、今回だけはしぶこさん密着レポートを少し書かせてください。

しぶこさんの素敵な笑顔

 ツアー最終日、会場に到着した筆者のお目当てはもちろん、しぶこさんです。スタート時間を確認し、スタート前の練習場に居ると予想、まずは練習場へ向かいます。すると、そこには彼女を囲むように日本人ギャラリーが群がっています。中には筆者の知り合いも多数。そのほとんどが台湾駐在の方と思われます。

 その輪の中心に居ました!お目当てのしぶこさん。戦い前の真剣なまなざしではあるものの、トレードマークの笑顔は絶やしません。

 さて、スタートです。第1打をナイスショットで打ち終わり悠々と歩き出したしぶこさん。その歩みに異様に多くの日本人ギャラリーが、緊張の面持ちで付いていきます。

 第2打がピタリとピンに絡み、バーディー発進です。やっと緊張の解けたギャラリーから「ナイスバーディー!」大歓声と割れんばかりの拍手。その盛り上がりに筆者は圧倒されてしまいました。

 その後のホールでも、追っ掛けと化した日本人ギャラリーから「ナイスショッート!」、ミスが出ても「ドンマイ、ドンマーイ」と日本語(和製英語?)の歓声。ここは日本か?と戸惑うほどです。

 1,000人とも言われる日本人追っ掛け集団に入り込めない筆者は、常に半ホールほど前を単独歩行。双眼鏡でプレーと集団の様子を観察しながら、自分なりに楽しんでおりました。

 残すところ2ホール。バンカーからのラブリーショットを決め、バーディーとしたしぶこさん。最終ホールに向かいます。ギャラリー通路はロープでふさがれ、誰一人付いてきません。

 いえ、前方を単独歩行をしていた筆者のみが待ち構えています。「あ、声援。何か言わないと…。なんて言おう…」一瞬の迷い。その隙にしぶこさんは次のホールへ。背中に向かって「あと1ホール。頑張ろう!」と声を絞り出しました。

 すると何と!彼女は振り返り、素敵(すてき)な笑顔で「アザース(ありがとうございます)」。私だけ(多分)にくれた一言です。大満足。

 プレーなしでのラウンドも実に良いものです。密着レポートが長くなりました。なお、当日の成績やプレーぶりは各種メディアで取り上げられていますので、そちらで確認してください。

古豪復活!8年ぶり優勝

 長らくお待たせいたしました。本編に入らせていただきます。今大会会場の桃園ゴルフ場はワイズ杯開催回数が最も多く、今回で28回目です。ワイズ杯の黎明(れいめい)期での開催が多く、恐らくは初代幹事、N社の軽部様が得意コースとしていたからかもしれないですね。

 スタートのパー6超ロングコースでパワーを試され、ドライバーの使えない池越えミドルでテクニックを試される、アマチュアゴルファーの挑戦意欲をかき立てるコースです。その挑戦を見事にクリアし、優勝の栄誉に輝いたのは、やはりN社の軽部様でした。さすが得意コースです。軽部様の優勝コメントを紹介させていただきます。

/date/2019/11/14/20golf2_2.jpg優勝した軽部様(右)とワイズ代表の吉本(左)

「当日は小雨のち曇天。まあまあの天候で気持ち良くプレーすることができました。同じ組にはN本さん・I本さん・Y本さんと3人の◯本さんがそろい、私だけが蚊帳の外の名前かとプレッシャーを感じていました。

 昨今のゴルフは後半に力みが生じ、前半と後半では『天国と地獄』。上がってみると前半の『貯金』は生きず、普通の成績に終わっていました。そこで今回は『力だけは入れない』と強く心に決めプレー。メンバー(3人の◯本さん)に恵まれたことと、アプローチとパターも力が抜けた結果、良い成績を収めることができました。同伴メンバーの飛距離に迷うことなく、最後まで熟年ゴルファーの『コツコツ感』を忘れずにプレーできたことが、良い成果だと実感した一日でした。」

 軽部様、優勝おめでとうございます。初代幹事、軽部様の優勝は2011年第27回大会以来、何と8年ぶりです。まさに古豪復活ですね。

 さて次回第119回大会は11月16日(土)長庚ゴルフ場(桃園市)。第120回大会は12月21日(土)長庚ゴルフ場での開催です。

 ワイズニュース読者の皆さま、ワイズ杯ゴルフにご参加してみませんか?参加ご希望の方は、ワイズコンサルティング佐藤(sato@ys-consulting.com)までお問い合わせください。過去の大会情報はこちらでも確認できます。

https://www.ys-consulting.com.tw/column/l/63/

ワイズ杯ゴルフコンペ 第118回大会
桃園ゴルフ場
2019年9月21日(土)曇り
優勝  N社 軽部様 ネット73
準優勝 H社 根本様 ネット75

佐藤豪紀

佐藤豪紀

コンサルタント

大手企業の副総経理を経て、豊富な経験から経営者の気持ちを察するコンサルティングを展開、営業の部門長も務めます。

ワイズ杯ゴルフレポート

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。