法規解釈

労務記事検索

カテゴリを選ぶ(複数可)
フリーワード検索

2006年9月11日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

就業規則違反実例

実例(A)    小内はバスの運転手で、台北市の甲バス会社の新店駅で仕事をしている小内の「元彼女」小夏の母親は近日心臓手術を受ける予定(成功率50%、即ち2分の1の確率で死亡する可能性がある)。 …… 続きを読む

2006年9月11日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

「変形労働時間制(変形工時)」と「フレックスタイム制(弾性工時)」

 「変形労働時間制」と「フレックスタイム制」は元来決められていた通常労働時間数(一日ハ時間、二週間の総労働時間数は八十四時間)をフレキシブルに使うための制度である。細かく区別すると、前者は一定期間内の …… 続きを読む

2006年9月11日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

通常労働時間について

通常労働時間 労働基準法第30条第1項には、「労働者の1日の通常労働時間数は8時間を、2週間の総労働時間数は84時間を超えてはならない」と定められている。2002年末には、分散された労働時間 …… 続きを読む

2006年9月11日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

作業員がタイヤに巻き込まれ死亡、雇用者に判決

台北縣皇娟株式会社が2001年に請け負った台湾鉄道の検査補修工事の中で、労働者鄭呈維氏が作業中逃げ遅れ、列車2台がすれ違う横風でタイヤに巻き込まれ即死した。基隆地方裁判所は最近に審査を終え、業務上過失 …… 続きを読む

2006年9月11日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

8週間変形労働時間制の緩和

産業界の億単位にのぼる残業手当を左右する、労基法の変形労働時間制が再度緩和されることになった。即日より、卸・小売業、賃貸業、水道業等16の業種が8週変形労働時間制の適用に指摘され、雇用者は8週間の総労 …… 続きを読む

2006年9月11日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

変形労働時間制及びフレックス・タイム制(弾性労働時間制)について

変形労働時間制とフレックス・タイム制は共に、固く決められていた元来の労働時間 (1日8時間、週48時間)をより柔軟に活用する制度である。 細かく区別すると、 ● 変形労働時間制:一定期 …… 続きを読む

2006年9月11日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

操業停止賃金は、支払延滞賃金立替弁済基金で弁済できるのか?

「操業停止期間の賃金は、支払延滞賃金立替弁済基金の範囲内であるか」 行政院労工委員会89年8月18日 台89労動二字第3618号函 一、 事業単位の操業停止が、労働者ではなく、雇用者に …… 続きを読む

2006年9月9日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

残業及び残業手当の法律問題

残業及び残業手当の法律問題 実例(A)    大明は一昨年F大学を卒業後服役し、今年8月に除隊してすぐ就職活動を開始した。彼がAスーパーに応募したとき、人事主管者は「当社の基本給は1万 …… 続きを読む

2006年9月9日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

雇用者は労働契約書を強制的に締結させることができるのか?

実例 1985年6月に設立された立進公司(製造業)は、本来、社員との間に書面による労働契約はなかった。しかし、社員の給料が割高であったため、増員を図るには、旧社員とは定期契約を、新入社員とは不定 …… 続きを読む

2006年9月8日  労務顧問 人事労務 労務顧問会員

「雇用者が外国人を雇用する際の就業サービス法第46条第1項専門性または技術系の職業項目」

労工委員会2004年3月8日 労職規字 第0930009397号 ・公告事項: 1、外国人が卸売及び小売りの経営管理、設計企画の職業を引き受ける場合。 2、外国人が専業、科学及び技術 …… 続きを読む