第60回 台湾デイリーマンション事情


2010年10月8日  コラム 経営

第60回 台湾デイリーマンション事情

記事番号:T00025765

 
 ここ数年、1日単位で部屋が借りられるデイリーマンション「日租型套房」が雨後のたけのこのごとく増えている。特にチェーン店が個性的な内装や斬新なデザインを打ち出している。デイリーマンションはそのユニークさと手ごろな料金で、民宿と高級ホテルの間に活路を開いたようだ。

 デイリーマンションは一般に、都市部の交通の便が良いエリアに位置し、小さくまとまっている。宿泊料金はその割に高くなく、1泊1,000台湾元でお釣りがくる場合も多い。広さ5坪前後の室内に、家具一式がそろっているため、スーツケース一つで乗り込んでも、ぐっすり眠ることができる。

バックパッカー向けと高級路線
 
 デイリーマンションはおよそ次の2つに分類できる。  1つ目は、シンプルなマンションで、バックパッカーがターゲット。宿泊料金は1人1泊400元以下というものも。

 例えば、若者が集まる台北市の西門町には、1泊350元で広さ6坪の部屋に泊まれる物件もある。室内には20インチ画面の液晶テレビがあり、共用スペースとなる広さ15坪のロビーでは無線インターネットに接続できるほか、無料で利用できる共用パソコン、冷蔵庫、洗濯機などが備え付けられている。

 2つ目は「6つ星ホテル」をうたった高級タイプ。宿泊者は、フィットネスクラブ、SPAなどマンション付属施設を利用できる。ただ、宿泊料金はシンプルタイプよりかなり高い。

 たとえば、ビジネスパーソンの多い台北市信義区では、景観の良い小さな高級マンションの一室がデイリーマンションとして貸し出されている。宿泊者は、付属のクラブやピアノラウンジ、フィットネスクラブ、SPAなどの施設を利用できる。また、室内には寝室1間、リビング2間、キッチン1間があり、出張者も家に帰ってきたかのような気分が味わえる。

 さらに専属のスタッフを常在させ、部屋の掃除、観光名所の紹介、タクシーの手配や、航空券の予約まで至れり尽くせりでサービスを提供するデイリーマンションもある。

 こうした高級タイプの宿泊料金は1泊2,250元と、シンプルタイプの7倍もするが、高級ホテルと比べると納得できる範囲だ。

 デイリーマンション市場の競争が激化するにつれ、一部ではサービスの品質強化に拍車が掛かり、医療機関と同水準の消毒や、寝具の毎日の交換、真っ白なシーツやまくらカバーのみの使用を売り物にするところも出てきた。

 安全面では、パスワードの変更が可能な電子ロック、磁気カードでの出入り管理システム、24時間体制のセキュリティーシステムなどを完備し、宿泊者のデイリーマンションに対する不安を拭い去ろうとするところもみられる。

キーサクセスファクター分析
 
 ではここで、デイリーマンション成功のキーサクセスファクター(KSF)を分析してみよう。

1)交通が便利

 大部分が都市交通システム(MRT)駅の近くなどにあり、交通の便が良い

2)価格が安い

 1泊1,000元足らずなど、ホテルに比べるとかなり割安
 
3)ブランド確立
 
 台湾南北に広がるチェーン展開や同業者同士の提携で、知名度向上

4)付加価値
 
 有名なタクシー会社との提携で、宿泊者を優待価格で送迎

5)インターネットでの宣伝・広告
 
 「ヤフー!奇摩」のキーワード広告を利用して、宿泊希望者に良いイメージをインプット

 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)サイト、「フェイスブック(Facebook)」にファンページを作り、インターネットユーザーとの情報交換も

 営業スタッフの全くいないデイリーマンションにとって頼りになるのは、インターネットのマーケティングと口コミなのだ。

6)会員制度
 
 宿泊者は入会費を払えば、VIP会員になることができ、特別料金で宿泊できる。宿泊するごとにポイントがたまり、特典も享受できる 適法性に疑問も

 人気が高いデイリーマンションだが、法の隙間をくぐった商売でもある。

 その適法性をめぐっては、5つ星ホテルなどが同業組合「旅館公会」を通じて交通部観光局に対し、違法な経営モデルだとして取り締まるよう求めている。

 旅館公会の主張によると、デイリーマンションは万一に備えての損害保険への加入義務がない上、建築管理、消防、衛生などの面でも規制がない。従業員の衛生検査も免れている。そのため、問題が起きた場合に、誰が責任をとるのかと疑問を投げ掛けている。

 読者の皆さん、もしデイリーマンションに泊まることがあれば、十分にお気をつけください!

 ちなみに、よく知られているデイリーマンションには、高雄市の「85日租套房中心」や、台北市の「台湾天使」があります。興味がある方は、下記のホームページをご参照ください。

高雄市の「85日租套房中心」
http://www.5658.com.tw/85/d03-2.htm

台北市の「台湾天使」
http://twangel101.pixnet.net/blog/post/29951630
 
ワイズコンサルティング 荘建中
 

台湾流経営策略台湾の経営手法

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。