コラム

記事番号:T00072669
2017年9月4日19:39

●好調企業と不調企業の分岐点

 弊社では毎年在台日系企業様への経営アンケート調査を行 なっています。  昨年の調査で増収増益企業(好調企業)と減収減益企業(不 調企業)の経営課題を比較したのが下図のグラフです。

 好調企業では 物流や経営全般 を課題と認識し ている企業が多 く、不調企業で は営業、会計、 法務を経営課題 として認識され ています。  

 更にドリルダ ウンして小項目を比べると、好調企業は将来の対策を経営課題 として挙げていますが、不調企業は目先の対応を経営課題とし て挙げられています。  

 経営の好調と不調を分けるのはこの辺なのかもしれませんね。

●わが社は20年で初の減収減益

吉 本:業績は16年よりは良いが、15年には及ばない…>_<

福 田:先輩達は賞与を沢山貰っていたそうですが、僕達は…

吉 本:君が入社してから労働集約型ビジネスから資本活用型 ビジネスに移行しているからな…

福 田:僕も沢山賞与が欲しいです!

吉 本:じゃあ、先輩達の様に過労死しそうなほど働くか?

福 田:嫌です(-。-;

 

9月29日開講<ワイズニュース10周年記念セミナー>

「在台日系企業の打つべき手」

ワイズニュースは今年9月に10週年を迎えます。

  これを記念しまして「〜政治・マクロ経済・ミクロ経済から看る〜」「在台日系企業の打つべき手」をテーマに、台湾の政治、マクロ経済、ミクロ経済の三方面から、来年の打つべき手を検討いたします。

  政治はワイズニュース創刊以来の編集長である吉川が、マクロ経済はワイズニュースでコラムを連載しているジェトロ・アジア研究所の川上次長、ミクロ経済はワイズニュースの創業者であり経営コンサルタントの吉本とワイズニュースに関係の深い三名が講師を務めます。

ぜひ、ご参加ください。

詳細はこちらhttps://www.ys-consulting.com.tw/seminar/72373.html