第11回 山田総経理、休暇申請アプリに挑戦する!


2019年6月11日  コラム 経営

第11回 山田総経理、休暇申請アプリに挑戦する!

記事番号:T00084000

<登場人物>
ワイズシステム総経理 宇都宮武則
本コラムの筆者です。

台湾S電工 山田新一総経理
1978年千葉県生まれ、上場企業S電工の営業企画課長から2018年に台湾S電工の総経理として初めての海外駐在。好奇心旺盛で何にでも興味を持つが長続きしないらしい。2児のパパ、趣味は車で家族旅行。

 台湾S電工の会議室。休暇記録アプリと申請票での運用にも慣れてきましたので、これから休暇申請アプリを作成していきます。

宇都宮「休暇申請アプリ作成の前に、もう一度ワークフローを確認しましょう」

/date/2019/06/11/000_11A_2.jpgワークフロー

山田「この図の『休暇申請票』のところが休暇申請アプリになるんですよね」

宇都宮「そうです。休暇申請の入力画面を作るのは、これまでの応用でできます。今回は、新たに申請を承認するという行為が発生するだけです」

山田「一般職が休暇申請を入力したら、その申請を課長に回して、課長が『確認』するのですね」

宇都宮「その後は?」

山田「課長の確認の次は、副理または経理の『承認』です」

宇都宮「経理の承認が済んでから、人事担当者は休暇記録アプリにこの申請を『記録』するというわけです」

 

宇都宮「休暇申請アプリの完成イメージはこんな感じですね」

/date/2019/06/11/000_11B_2.jpg休暇申請の完成予想図

山田「難しくはなさそうですね。早速作ってみていいですか?」

 そう言うと山田総経理はkintoneにログインし、慣れた手付きでアプリ作成を始めました。

宇都宮「おや、随分と慣れましたね!」

山田「そりゃもう、コツがつかめたのでスラスラいけますよ!」

 山田総経理はkintoneのアプリ作成画面を操作して、次々に左のフィールド群から右のフォームへと、作る項目に合ったスタイルをドラッグ&ドロップし、並べていきます。30分ほどででき上がりました。

山田「できました」

宇都宮「入力画面は完成しましたね」

 

山田「ワークフローにある『申請→確認→承認→記録』のところは、どうすればいいのでしょう」

宇都宮「設定メニューにある『プロセス管理』というのを使うんです。プロセス管理とは、アプリの処理の前後の流れを定義することです」

 山田総経理はニヤニヤしながら「なんだか複雑そうですね。その前に頭に栄養与えなきゃ。チョット休憩しませんか?ちょうど、冷蔵庫に高速道のドライブインで買った『依蕾特(elate)』ブランドの奶酪(パンナコッタ)があるんですよ。マンゴー味とココア味、どっちが好みですか?」

宇都宮「おお!台南で行列ができる『依蕾特』の奶酪とは、通ですね。マンゴーをお願いします!」

山田「まいど!」

 そう言うと山田総経理は、軽やかな足どりで会議室を離れたのでした。

【kintone無料お試しの申し込み方法】
 メールに「kintone無料お試し希望」と記入の上、宇都宮までお送りください。
t-utsunomiya@ys-consulting.com

宇都宮武則

宇都宮武則

コンサルタント

ITベンダーにてプロジェクトマネージャとして50社以上のシステム構築に携わりました。ITに関わるお悩み事を幅広くサポートいたします。ワイズシステム総経理。

経営者が自分で作る簡単データベース

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。