第47回 顧客管理アプリで一元管理(1)


コラム 経営 作成日:2020年3月3日

経営者が自分で作る簡単データベース

第47回 顧客管理アプリで一元管理(1)

記事番号:T00088625

<登場人物>
ワイズシステム総経理 宇都宮武則

本コラムの筆者。

台湾S電工 山田新一総経理
1978年千葉県生まれ、上場企業S電工の営業企画課長から2018年に台湾S電工の総経理として初めての海外駐在。

 数日後の土曜日の昼、山田総経理と宇都宮は餃子(ギョーザ)専門店で、山盛りの水餃子をテンポよく口に運んでいました。

山田:餃子には、この酸辣湯(サンラータン)が欠かせませんよね。

宇都宮:定番ですからね。

と、運ばれて来たばかりの酸辣湯を、おわんによそいました。

宇都宮:そう言えば先日、ピータン豆腐を召し上がりたいとおっしゃっていましたね。

 宇都宮はそう言うと、お総菜が並べてある所に取りに行きました。

山田:これがピータンですかあ。どんな味がするのだろう?

宇都宮:食べてのお楽しみです。

と、意地悪そうな笑みを浮かべました。

 ピータンとは、石灰や木炭を混ぜた粘土で鳥の卵を包み、その上からもみ殻をまぶして冷暗所で3カ月程度熟成させたもの。石灰により卵内部がアルカリ性となって、白身は黒色のゼリー状に、黄身は翡翠(ひすい)色になります。商品によっては、アンモニア臭が残ることも。

 山田総経理は、ゼリー状の白身部分を口に運びました。

山田:う~ん、ぶよぶよ。格段違った味はしませんね。

 続いて黄身部分を口に含むと、

山田:うお、全く想像しなかった味と食感です。

と、眉をひそめました。

宇都宮:一緒に豆腐も食べてみてください。

 山田総経理は、黄身部分と一緒に豆腐を口に運びました。

山田:あら、意外とおいしいかも。

宇都宮:晩酌の冷ややっこの代わりに、明日からピータン豆腐はどうですか?

との冗談には、

山田:ありかもしれません。

 昼食が済むと、2人は台湾S電工へ向かいました。会議室で早速アプリ作成の続きです。

顧客管理アプリを改造

 前回までで、サイボウズ社の簡単データベース「kintone(キントーン)」上に「製品管理アプリ」「納品情報アプリ」「保守メンテナンス情報アプリ」の3個のアプリを作り終えています。これから、納品情報と保守メンテナンス情報を「顧客管理アプリ」から見られるように改造します。

/date/2020/03/03/47A_2.jpg図A アプリ構成図

 現在の「顧客管理アプリ」は、図Bのようになっています。基本情報の他に、案件一覧と活動履歴がひも付けられています。これらは営業担当者が、それぞれ営業支援パック付属の「案件管理アプリ」と「活動履歴アプリ」へ入力した内容が表示されています。この活動履歴の下に、納品情報と保守メンテナンス情報を表示します。図Cが完成予定図です。

/date/2020/03/03/47B_2.jpg図B 現在の顧客管理アプリ
 

山田:これが完成すれば、「顧客管理アプリ」を見るだけで、営業活動状況とお客さまにお使いいただいている製品の情報が一目瞭然となります。これまで各担当者がバラバラにエクセルで記録していた情報が一元管理できます。

/date/2020/03/03/47C_2.jpg図C 完成予定図

宇都宮:情報を共有することも、検索することも、格段に便利になりますね。

山田:では、早速取り掛かりましょう。

【kintone無料お試しのお申し込み】
「kintone無料お試し希望」とご記入の
上、お申し込みください。
チャットワーク:https://www.chatwork.com/ys-utsunomiya
メールアドレス:t-utsunomiya@ys-consulting.com

宇都宮武則

宇都宮武則

コンサルタント

ITベンダーにてプロジェクトマネージャとして50社以上のシステム構築に携わりました。ITに関わるお悩み事を幅広くサポートいたします。ワイズシステム総経理。

経営者が自分で作る簡単データベース

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。